RISU算数の口コミ・評判は嘘?料金、教材などについても徹底解説!中学受験に効果ある?

RISU算数の口コミ・評判は嘘?料金、教材などについても徹底解説!中学受験に効果ある?

RISU算数(リス算数)は、小学生の算数に特化したタブレット学習教材で、

  • 算数を好きになる
  • 算数の勉強を先取りできる

ので、周りのみんなから遅れを取らないように学習をするお子さんから、中学受験を検討しているお子さんまで使えるようになっています。

データ分析によって、一人ひとりにピッタリなレベルの問題が出されるので、100点を取るのが楽しくて、自分から勉強したくなると口コミ評価が高いです。

学年に関係なく学べる無学年制なので、7割以上のお子さんが学年より上の算数を先取りして学んでいます。

さゆり先生

つまづきやすいポイントでは、東大・早慶の先生がすごくわかりやすい指導動画を送ってくれるという丁寧なフォローアップで、苦手意識を克服できます。

RISU算数は、当サイトの小学生向けタブレット教材おすすめランキングでも上位で紹介しているほどおすすめできる通信教材です。

月々の基本料金は2,728円(税込)。そしてなんとタブレットは無料です。

さゆり先生

子どもも自分専用のタブレットがもらえることで、勉強へのモチベーションもさらにアップすること間違いなし。
対象年齢 小1〜小3:低学年コース
小4〜小6:高学年コース
中学受験の準備をする人:受験基礎対応コース
学べる内容 算数・思考力・学年より上のステージを先取り学習・中学受験対策
料金 基本料(年間一括):32,736円(税込)
※月換算だと2,728円
無料お試し 有料体験(1週間)
契約期間 なし(残金の払い戻しなし)
専用タブレット あり
タブレット保証 タブレット保険を使った場合、タブレット1台6,578円

RISU算数の特徴

小学生の通信教育はタブレット型学習の教材が増えてきました。

そんな中、教育熱心なママたちの間で話題なのが、算数に特化した教材のRISU算数。

  • 算数の先取り学習におすすめ!
  • 一人ひとりのレベルに合わせた問題が出る
  • 東大や早慶の学生からのフォロー動画がある
  • 小学校レベルから中学受験までしっかり対応

RISU算数は、1日10分の勉強で先取り学習ができるという手軽さ。

小学3年の問題

小学3年の問題

これは小学3年生の問題の一部です。

タブレットでの出題だと、なぜか早く解こうとしてしまうので、自然に算数の問題を解く力が養われます。

ノルマがないので、子どものペースで勉強を進めることができます。

RISU算数の教材はとてもシンプルなので、子どもが集中して勉強に取り組めます。

6年間の算数をしっかり学べる

RISU算数は、小学校の6年間で習う算数の内容を、1ステージ25問×94のステージに分けて配信しています、

基本的な問題から、じっくり考えないと解けないような応用問題まで、問題のバリエーションが豊富。

1つのステージの問題は、大体同じくらいのレベルなので、ステージごとにレベルアップが図れる仕組みになっています。

トゥルルン♪という音と共に画像のような100点という通知が表示されます。

音は人間の脳に刺激を与えるので、この音を聞くことで気持ちよくなります。

この音を聞くために問題に正解したいという気持ちになります。

先取り学習ができる!

RISU算数の最大の特徴である、学年を超えた先取り学習。

受講生の75%が先取り学習をしています。

新しいステージに進む前は、ちゃんと1分くらいの講義動画がついてるから、新しいステージの勉強にも進みやすいですよ。

中学入試問題にもチャレンジ

RISU算数では、中学入試問題などの難問もあるので、受験対策にもオススメです。

難問が解けると達成感もありますし、モチベーションも上がります。

時計問題がわかりやすい

低学年の問題で好評なのは、時計の問題。

時計は小学校の算数で最初につまづく難問でもありますよね…

でも、RISU算数の時計問題は「時計問題の意味がわからない」というお子さんでもしっかり理解できるように作られています。

RISU算数で成績が上がる仕組み

RISU算数が算数に特化した教材であることには、きちんとした理由があります。

  • タブレット学習なので、理解が速い
  • 算数は基礎が一番大切なので、基礎から学ぶ
  • 算数は基礎からの「積み上げ式」で学んでいくため、学び→復習も大切

ここで大切なのは、算数が「積み上げ式」の学びだということ。

例えば、国語の漢字や歴史問題などは、一つの問題が解けなくても、別の問題を解くことは出来ます。

でも、算数は最初の基礎である足し算が引き算、掛け算ができないと、その後の分数や方程式を解くことは出来ません。

つまり、小学生の算数をきちんと理解出来ていないと、そこから先の問題が全く解けずに、算数が苦手な子どもになってしまいます。

RISU算数では、わからない問題をそのままにしておかず、定期的に復習を挟んでくるので、苦手問題をクリアしてから先に進めるようになっています。

データ分析で一人ひとりに合う学習

苦手なところや解けなかったところは、残さずしっかりフォロー。

もちろん、得意分野はどんどん伸ばしていく指導をしてくれます。

実は、RISU算数では一人ひとりのデータ分析に基づいて、苦手が克服できるような問題とレッスン動画を配信しています。

どんどん成績が伸びていくんですね。

2つの復習でしっかりした学習支援

勉強していると、しっかり学んだつもりでも、忘れてしまうことがあります。

算数の問題は、1回解いただけでなかなか定着しません。

人には忘却曲線で忘れてしまうタイミングがあるように、絶妙なタイミングを狙ってしっかり復習していくことや、間違いが多かった問題の復習をすることで、効率よく学習を進めていくことが出来ます。

一般的な教材の場合、ここまで復習に徹底していませんので、ココで算数の定着率に差がつきます。

RISU算数の学習継続率が92.7%というのも納得ですね。

つまづきが出てきたらすぐにフォローアップ

算数が苦手なお子さんも安心。

タブレットでの勉強は、学習状況もしっかり把握しているので、どのくらいの時間でどのくらいの点数だったか、どこでつまづいているのかをしっかり感知してくれます。

すると、トップチューターたちが一人ずつフォローアップしてくれますので、わからないところをそのままスルーしません。

また、子どもたちは短く要点がまとめられた動画に興味津々!

RISU算数で出てくる授業の動画やフォローアップ動画は、どれも短め。

ダラダラ長くないので、子どもも集中して見てくれますよ。

RISU算数の口コミ・評判をチェック!リアルユーザーの声を見てみよう

RISU算数を子どもに受けさせてみたいなと思っている人にとって、今まさに子どもにRISU算数を習わせている先輩ママの口コミや評判は気になりますよね。

そこで、RISU算数の口コミを良いものと悪いもの、どちらも見ていきましょう。

RISU算数の悪い口コミや評判は?

悪い口コミ

RISU算数のお月謝がちょっと高いです。

息子のために何か教育を、と思ってRISU算数なら公文より安いかなと思ってスタート。

でも、お月謝が高かったです。

息子は算数が面白いようで、どんどん先取りをしたくて勉強に集中。

その分お金も高くなってしまいました。

悪い口コミ

RISU算数で念願の自分だけのタブレットが手に入った息子。

でも、ちょっと使いにくいようで、コツがつかめるまでフォローが大変でした。

何度か使っているうちに慣れてくれましたが、アップルペンシルくらいサクサク描けるものがいいなと思ってます。

悪い口コミまとめ
  • 受講料が高い
  • 料金がわかりづらい
  • 算数しか学べない
  • タブレットが使いづらい
  • 学習時間が長くなり、お金もかかる

RISU算数の悪い口コミを見てみると、悪い口コミでは受講料が高いこと、料金がわかりづらいことなどの口コミが多かったです。

また、タブレットが使いづらいという口コミについては、タブレットとタッチペンの感覚に慣れてコツを掴めば書きやすくなるという口コミもありました。

RISU算数の良い口コミや評判は?

良い口コミ

RISU算数で算数のお勉強を始めました。私が仕事でいなくても、お留守番の時に一人でサクサク進めているのでビックリします。

おかげで算数が得意になってくれて嬉しいです。

良い口コミ

「これから先は算数・数学が出来ないと就職もできない時代がやってくるよ」と親戚から言われたことがあり「算数を小さい頃からしっかり勉強させなきゃ」と思っていたので、RISU算数に入会しました。

算数だけをしっかりやっていくのですが、思考力やヒラメキ力もついていくので、頭の回転が早い子になりました。

良い口コミ

1年以上利用しているのですが、子どもは全然飽きてないようです。問題形式も、たくさん計算をさせるとかではなく、文章題が中心。

おかげで文章題をしっかり読み取れるようになっています。先取りもどんどんしているみたいなのですが、復習もしっかりしているようです。問題が楽しいと言ってました。

良い口コミまとめ
  • 子どもだけで勉強出来る
  • 気づいたら算数が得意になっている
  • クイズのように遊び感覚で勉強出来る
  • シンプルなので視覚的にもごちゃごちゃしない

RISU算数は、算数がどんどん好きになる、算数が得意になるということと、上の学年で習うことをどんどん先取りで学習できるというメリットがあります。

RISU算数が良かったと口コミしている人たちは、みんなお子さんの算数の出来に驚いているようでした。

小学生の時って、算数が出来るとそれだけで自信がついたりするものです。

算数の勉強が面白くなると、他の勉強もだんだん面白く感じてくるものですので、勉強の習慣がつきやすくなりますよ。

RISU算数の受講生は算数検定での特典が!

  • おすすめの算数検定レベルの判定あり
  • 1学年上の階級の算数検定に合格すれば受験費用はRISU算数が全額負担

算数検定とは、実用数学技能検定という資格試験で、6級〜11級までと「かず・かたち検定」のパートを算数検定を呼んでいます。

階級 学年レベル
かず・かたち検定シルバースター 年中〜年長
かず・かたち検定ゴールドスター 年中〜年長
算数検定11級 小学1年生
算数検定10級 小学2年生
算数検定9級 小学3年生
算数検定8級 小学4年生
算数検定7級 小学5年生
算数検定6級 小学6年生

受験に有利ということで算数検定を受ける小学生が多くなっていますが、RISU算数ではおすすめの算数検定のレベルを判別してくれるシステムがあります。

先取り学習でどんどん勉強している人は、学年より上の検定を受けると、RISU算数が受験料を負担してくれますよ。

RISU算数の料金は?受講料が高いって本当?

RISU算数では、基本料金+利用料がかかります。

RISU算数 年間の基本料金 基本料(年間一括):32,736円(税込)
(ひと月あたり換算では2,728円)
利用料 0円〜9,878円
タブレット料金 無料

RISU算数では、基本料金は1年分の料金になります。

この基本料金は、1年未満で解約しても返金されません。

解約したいときは、契約更新日の30日以上前に連絡してください。

利用料とは?

また、RISU算数では利用料というシステムになっていて、クリアステージの数だけ利用料がかかります。

月の平均ステージ 利用料(税込)
1未満 0円
1以上〜1.3未満 1,078円
1.3以上〜1.5未満 1,628円
1.5以上〜1.7未満(利用者平均) 2,178円
1.7以上〜2.0未満 3,278円
2.0以上〜2.2未満 4,378円
2.2以上〜2.5未満 6,028円
2.5以上〜3.0未満 7,678円
3.0以上〜 9,878円

最初の1ヶ月は、ペースも変わりやすいことから、利用上限は6,600円(税込)になっています。

RISU算数では、月にクリアしたステージで利用料が変わるのですが、その月にクリアした数ではなく、月平均のクリアステージで料金が決まります。

月平均クリアステージとは?

「受講を始めてから今までクリアした累計ステージ」÷「利用した月数」=月平均クリアステージ

となります。

RISU算数の利用者たちは、月のステージクリア数が1.5以上〜1.7未満という人たちが多いです。

この説明を聞いても「ややこしいな〜」とちょっと複雑感がありますは、大体の利用料がわかる方法もあります。

RISU算数の大体の料金を把握しよう

RISU算数の料金表が覚えられない時は、この法則を覚えておけばOKです。

  • 利用月数より少ないステージクリア数:0円
  • 利用月数と同じクリアステージ:1,078円
  • 利用月数の1.5倍のクリアステージ数:2,178円
  • 利用月数の2倍のクリアステージ数:4,378円
  • 利用月数の3倍のクリアステージ数:9,878円

利用料を節約するためには?

ステージをクリアすれば追加料金がかかるとは言っても、先取り学習はさせてあげたいですよね。

そこでおすすめなのが、クーポンコードを使ってRISU算数のお試しキャペーンを利用することです。

RISU算数のお試しキャンペーンについて

クーポンコードを使って利用するRISU算数のお試しキャンペーンは、通常料金の基本料金である32,736円(税込)を支払わなくても、1週間RISU算数を試すことができるキャンペーンです。

1週間のお試しで契約しない場合は、タブレットの返送料として2,178円(税込)かかりますが、

継続する場合は、お試し料金はかかりません。

このキャンペーンのすごいところは、実際にRISU算数の問題を解いて行くというお試しができることです。

お試し期間中にクリアしたステージは、何ステージクリアしても、全て1ステージ換算。

ですから、RISU算数の利用料金を節約するためには、お試しキャンペーンを利用して、お試し期間中にたくさんの先取り学習をしておくことです。

初めてRISU算数のタブレットが届いたお子さんは、きっと夢中になってどんどんステージを勧めてくれます。

家での学習時間の定着にも繋がるし、ぜひおすすめですよ。

そのままRISU算数に入会した場合、お試し時に解いた問題は履歴で残りますので、無料で復習することも可能です。

RISU算数のお試しキャンペーンまとめ
  • 1週間のお試しキャンペーンができる
  • 本入会のまえはお試しキャンペーン必須
  • お試し入会の間に単元を進めておくのもおすすめ
  • お試し入会で解約する場合は返送料2,178円(税込)がかかる

RISU算数に入会する前のテストについての注意点

RISU算数では入会前にテストを受けるようになってます。

このテストは、料金にも関係してきます。

テストで「すでに理解している」と判定された単元には、「クリアずみ」となって料金が発生しません。

もちろん、復習としてその単元を勉強することも出来ますが、理解している問題は無料です。

ですから、お子さんがテストを受ける時は、操作ミスやタップミスで解ける問題を間違えないように注意しておきましょう。

最初のテストの時はお子さんの操作もまだ慣れていないため、親御さんが付き添ってあげると良いですね。

RISU算数の解約方法

RISU算数の解約は、以下の方法でメール連絡のみです。

  1. RISU算数のマイページにログイン
  2. お問い合わせフォームから連絡
  3. カスタマーサポートから連絡がくる
  4. 中途解約か満了解約かのどちらかを選択して返信する

この手順で解約完了です。

4番までの答えをしっかり返信しなければ解約になりませんので、気をつけて下さいね。

解約のタイミングについて

RISU算数の解約は、中途解約か、満了解約かの2つです。

満了解約の場合

期間が満了して解約する場合は、契約終了日から数えて30日前までに連絡をして下さい。

例)RISU算数を4月15日に契約した場合

3月15日までに解約申請をして下さい。

この期限の日付を過ぎてしまうと、翌年の年会費32,736円(税込)を払わなければならなくなります。

ですから、期限の日付となる契約した日を忘れないようにしましょう。

中途解約の場合

RISU算数の契約途中で解約する場合は、解約を希望する月の23:59までに申し込みをすれば、その月の月末で解約になります。

例)4月20日に解約の申請をする→5月末で終了

4月21日に解約の申請をする→5月末で終了

解約手数料などはかかりませんが、中途解約の場合は、解約時に残金の返金はありません。

解約ではなく一時休止もおすすめ

RISU算数は、中途解約しても基本料金の日割り計算などはなく、返金がありません。

なので、一時休止にしておくこともおすすめです。

お子さんが飽きてしまった

旅行に行くので家を離れる

などの場合は、RISU算数の休会申し込みをしましょう。

  • 公式サイトのマイページから申請
  • カスタマーサポートから連絡
  • 一時休止と連絡すればOK

休止中は、RISU算数の利用料金は発生しません。

休会中は月料金として500円かかってしまいますが、途中でやめると基本料が戻ってこないので、そのほうが損かなと思います。

一度解約してしまうと、タブレットを持っていても新規契約となってしまうので、また入会したいときは年間契約料を全額払うことになるので、休会システムも利用して下さいね。

解約したらタブレットはどうなるの?

RISU算数を解約したとき、タブレットは手元に残ります。

タブレットは解約しても、今までの問題を使い続けることが出来ますので、100点が取れなかった問題などは復習用として使えます。

兄弟がいる人は、下の子の勉強用に使えるので、長く活用出来ますよ。

また、RISU算数のタブレットは、通常のアンドロイド端末として利用することが出来ます。

RISU算数で算数を得意教科に!

RISU算数は、従来のような計算中心の算数のお勉強ではなく、一人ひとりに合わせた問題や、考えて問題を解く文章題、ヒラメキ力を鍛えてくれる暗号問題など、工夫された良問がたくさんあります。

  • 無学年制なので子どものレベルに合わせた問題が出る
  • わからない問題をそのままにせず、わかるところまで戻って復習
  • 復習システムが徹底していて、わからない問題のフォローは東大生の動画で

RISU算数の受講生の3割は「算数が苦手」というところからスタートしていますが、わかりやすい解説や、苦手克服のための動画解説でしっかりフォローアップしてもらえます。

わからない問題をそのままにせず、過去に戻ってしっかり復習することができるので、確実な算数力をつけていけます。

個別指導と、しっかりした分析ができるタブレット学習のメリットがあるRISU算数で、お子さんの算数力をしっかり伸ばしていきましょう。

RISU算数の運営事業所 RISU Japan株式会社
代表者氏名 今木 智隆
住所 〒113-0033

東京都文京区本郷3丁目21ー8ケイアイビル6F

電話番号 0120-84-1031(契約者はマイページから連絡を)
受付時間 10:00〜18:00(平日のみ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です