ワンダーボックスの解約方法は?一括払いは返金されるの?

ワンダーボックスの解約方法は?一括払いは返金されるの? ワンダーボックス

ワンダーボックスは、シンプルな料金システムで人気の通信教育教材です。

料金を年額一括払いすることによって、さらにリーズナブルに利用することができます。

「いくら年額一括払いがお得でも、子供がいつまで続くかわからない。」と心配な方もいると思いますが大丈夫です。

年額一括払いをして途中解約しても、利用月数に応じて返金もありますので安心して利用できます。

解約は最低2ヶ月からできますので、解約のハードルも低いです。

解約方法もとても簡単ですので、安心してワンダーボックスを始めましょう。

最安値になる当サイト限定の紹介コード
9r5iWWk2UDH7】

ワンダーボックス

紹介コード入力はコチラから
https://box.wonderlabedu.com/

ワンダーボックスの口コミ
ワンダーボックスの紹介コード
ワンダーボックスの動作環境
ワンダーボックスは発達障害にぴったり?
ワンダーボックスの解約方法

ワンダーボックスの最低継続期間について

ワンダーボックスでは、最低受講期間が2ヶ月間と設定されております。

ワンダーボックスの利用料金については、下表をご参考ください。

◯ワンダーボックスの月額利用料金

12ヶ月一括払い6ヶ月一括払い月々払い
3,700円/月(税込)4,000円/月(税込)4,200円/月(税込)

12ヶ月一括払いを選択した場合、最低2ヶ月利用となると、約7,400円程度の利用と追うことになります。

詳しい返金額の計算方法は下記で説明します。

ワンダーボックスの解約方法

ワンダーボックスの解約方法はとても簡単です。

以下の手順にしたがって進めてください。

  1. ワンダーボックス公式ホームページの会員ページへログイン
  2. 「契約情報」をクリック
  3. 「ご契約プラン」をクリック
  4. 「注意事項」を読んで、「次へ」をクリック
  5. 「解約手続きに進む」をクリック
  6. アンケートや電話番号等を入力
  7. 「解約する」をクリック

で完了です。

一括払いした差額は返金される!計算方法は?

ワンダーボックスでは、途中解約の場合でも最低受講期間の2ヶ月を過ぎれば、利用期間に応じて返金してもらえます。

返金金額の算出方法は以下です。

12か月一括払いの場合

・支払った12ヶ月の期間中で利用期間が6ヶ月以上の場合

12か月一括払い料金-(6か月一括払いの月額料金×利用した月数)の差額

・支払った12ヶ月の期間中で利用期間が6ヶ月未満の場合

12か月一括払い料金-(毎月払いの月額料金×利用した月数)の差額

例えば、12ヶ月一括払いで利用7ヶ月目で解約した場合は

44400円ー(4000円×7)=44,400ー28,000円=16,400円

という計算で、16,400円の返金となります。

6か月一括払いの場合

・6か月一括払い料金 - (毎月払いの月額料金 × 利用した月数)の差額

例えば、6ヶ月一括払いで利用3ヶ月目で解約した場合は

24,000円ー(4,200円×3)=24,000ー12,600円=11,400円

という計算で、11,400円の返金となります。

ちなみに差額がマイナスになった場合でも、追加料金を支払う必要はありません。

返金は、最終利用月の21日以降に返金されます。

このように、返金システムもしっかりしていますので、一括払いにによる割引は必ず受けるようにしましょう。

他サービスに比べて金銭的なリスクが低い!まずはチャレンジしてみよう!

他の通信教育教材は、サービスの質や内容もさまざまなので一概には言えませんが、利用料金が高めに設定されているところもあります。

また、利用料金のシステムが複雑であったり、途中解約の返金がないところもあって安心して学習を進めることが難しいこともあります。

その点においては、ワンダーボックスは金銭的なリスクが低く、通信教育教材に初めてチャレンジするのであればハードルはかなり低いです。

お得に入会したいのであれば、クーポンやキャンペーンの紹介をした記事もありますので、そちらも参考にしてください。

すでにタブレットを持っている方であれば、初期費用がかなり抑えられますので、ぜひ始めてみましょう。

料金システムやクーポン、返金システムをきちんと理解して、安心してお得にワンダーボックスを利用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました