ベビーパークで楽しく学べた!口コミは胡散臭いけど、本当のとこどうなの?

ベビーパーク

育児がもっと楽しくなる親子教室として人気を集めるベビーパークですが、対象年齢は0歳から3歳です。

この時期に教室に通い、何を学ぶのか?

本音としてはこんな疑問を感じますよね。

英語教室でもないのであれば尚更です。何を学び、お子さんにどのような効果を得られるのか考えます。

しかし受講者からは高い評価を集めているのが、ベビーパークです。

そこで今回、ベビーパークについてどのような効果を高める教室なのか?

そしてメリットはどこにあるのか?実際の受講者の声も参考に、ベビーパークについて調べてみました。

ベビーパークってどんな教室なの?

ベビーパークについてざっくり特徴を抑えるのであれば、ベビーパークは日本初の全国展開「親子教室」です。

お子さんの対象年齢を0歳から3歳としていますが、ここで理解しておいて欲しいことは、0歳から3歳のお子さんを持つ親御さんも対象の親子教室というところです。

つまり、教室に入ってレッスンを受けるのはお子さんだけではありません。

0歳から3歳の子どもをプロの講師にお任せして、パパママは室外で待機ではないのです。

ベビーパークは0歳から3歳のお子さんの発育向上と、0歳から3歳のお子さんを育てる親御さんのための教室を開講しています。

ですので、ベビーパークは幼児教室ではなく、親子の絆をテーマにした教室であることを理解しておきましょう。

ベビーパークって親子の絆を深めるだけの教室なの?

ベビーパークについて特徴を知ると「親子の絆を深めるための教室」と考えます。

そこで「それなら教室に通わなくても自宅で十分」と思考が切り替わります。

なぜ?ベビーパークが親子の絆をテーマにしているのか?

その理由はズバリ、0歳から3歳のお子さんを育てるママパパなら理解できると思います。

  • 泣くことで意思表示をする時期
  • 少し行動範囲が増え、どこに注意すべきかを先行する時期
  • 十分に成長していない時期でも自我が芽生えるイライラが増える時期
  • 突発的な行動にヒヤヒヤする時期
  • 言葉を発するようになり言葉に対して考える時期
  • お友だちへ対する思いやりの心を考える時期

0歳から3歳のお子さんって、予想もしない行動をします。

また行動や気持ちが理解できない時期でもあります。

この時期、親としてはまずは子どもの安全が優先。

とても大事なことですが、そこで考えることは抑止する気持ちです。

  • 泣くことでしか伝えられないことは分かるから自分の気持ちを抑える
  • 行動範囲が増えて、好奇心が高まる時期だけの行動範囲を抑える
  • まだ十分に発達していないから親の考えで子どもの行動を制御する
  • 突発的な行動を抑えるための環境を作る
  • お友だちと過ごす時間で吸収した新しい言葉を言い換える
  • 「〜しなさい」と子どもの気持ちを正しいと思う方向に持っていく

何か一つでも当てはまりませんか?

ちなみに筆者は思い返すと全てそれなりに当てはまります。

この時期は一緒に過ごす時間=コミュニケーションの時間と勝手に言い聞かせていたと思います。

だから一緒にいるのだからコミュニケーションは十分といいように解釈し、子どもとの絆というよりは「子どものために」とまたここでも都合よく解釈して制御することで穏便に過ごそうとしていました。

こうした環境の中で子育てをする人は私だけではないと思います。

だってまだまだ制御しないとどんな行動を起こすかわからない時期の子どもですからね。

周りの迷惑にならないようにと、子どもを制御することで過ごすのは仕方ないと思います。

でもベビーパークは、この0歳から3歳の時期にどれだけ親子の触れ合いがあるかどうかで、知能指数が高まるとも考えており、そこに大切なことは「叱る」ではなく、とにかく触れ合う時間を共有することに重きを置いているのです。

なんて言われても、穏やかに触れ合いの時間が過ごせるなら子育ては楽だよって思いませんか?

ママパパだって叱りたくはありませんし、イライラする時間も減らしたいです。

でも思うようにいかないから、なんとかその場を凌ぐために策を練ります。

しかし、この時期の親目線の制御は将来の子どもの発育にも関わってくるというのだから、一度深呼吸して触れ合いについて考えるのもアリです。

愛情を感じることで発育向上につながり子育てもラクになる?

ベビーパークでは0歳から3歳の子どもに対してしなることは「百害あって一利なし」と考えています。

その理由の一つにはお子さん目線ではなく、親目線のメリットもあります。

親は叱りたくて叱るわけではありません。

叱ることでその場を凌いでも、夜スヤスヤ眠るお子さんの寝顔を見て、子どものためと思った行動でもどこか罪悪感を感じますよね。

これは親にとってもストレスの一つになります。

そんな毎日が続くと「子育てにストレスを感じる」ようになります。

親がストレスを抱えていると、子どもはその親の負のオーラを感じ取ります。

だってどんなにやりたい放題の子どもでも親が一番です。

大好きなママパパ、嫌われたくないママパパがイライラしているのを感じとるのが子どもです。

でも0歳から3歳の時期はそんなママパパの気持ちに気付いていても、行動が伴うことはありません。

逆に子どもにとってもストレスを与える結果になると、毎日がお互いイライラして過ごします。

そんな子育てにあって当然のイライラを少しでも解消するのが「親子の絆を深める」ことなのです。

なぜ、親子の絆を深めることで子育てでまず初めにぶつかるこの時期の問題が解消できるのか?

その答えは明確です。

親子の絆を深めることで親子の意思疎通ができるようになるから!

0歳から3歳の時期の子育てに親がイライラしてしまう大きな原因は「まだ分からないんだから、話を聞いて」という気持ちにあると思います。

でも実際は顔の表情でママパパの気持ちが理解できます。

耳で言葉を聞いて理解できています。

うまく発することはできなくても、子どもは十分に理解できているのです。

なかなかこの時期のお子さんに耳を傾けようと余裕を持つことはできませんが、この時期でも十分に気持ち、感情はあるのです。

そこで親子の絆を深めることで、お子さんを一人の人間として見ることができ、伝え方は月齢によって異なっても、こころと耳を傾ける姿勢から意思疎通を図り、穏やかな子育てにつなげることができるのです。

ベビーパークが理想とする0歳から3歳の子育てとは?

ベピーパークに通う親子は、実際に叱ることはなくなり「お互いの気持ちを理解する」することで子育てを楽しんでいるといいます。

では、ベピーパークに通うことで子どもに向き合う気持ちはどのように変化するのでしょうか?

  • 育児に対する悩み
  • 日々変化するお子さんの反応への理解
  • 育児を一人で頑張る孤独感

0歳から3歳の子育ての中でこのような悩みを持つ方はぜひ、ベピーパークに通うことで解消につながるのか考えてみてください。

育児相談タイム(毎回レッスン時)

ベビーパークでは毎回レッスン時に育児相談タイムを設けています。

これは子育て中に感じる悩みを打ち明けられる時間でもあり、対子どもと過ごす毎日の中で対等に話せる人との時間はストレス解消の時間にもなります。

子どもも一人一人個性があります。

親子のライフスタイルも家庭によって異なります。

この時期だからみんな同じ悩みではありません。

そこで親子教室の強みにもなりますが、育児に奮闘するママパパの悩みを解決するだけのノウハウを講師持つ講師との時間があります。

良い脳をつくるアクティビティ数百種類

親子の絆を深めることで、お子さんの発育向上効果を高めてくれるのもキッズパークの特徴です。

脳の発育は個々により異なりますが、土台となる親子の絆を深めることで、脳の発達を促進させるアクティビティを用意しています。

もちろん大好きなママパパと一緒に、アクティビティに取り組むのでお子さんも楽しく取り組め、この時間に幼児期の脳をしっかり刺激してくれます。

どのアクティビティに興味を示しているのか分かるのもメリットですし、ご自宅でも遊びの幅が広がるのもキッズパークが人気を集める理由の一つになっています。

マザーリング(お母さん必須の育児知識)

キッズパークは0歳から3歳の子育てに親の負担をどれだけ軽減するかも重視しています。

0歳から3歳の子どもはなんでも興味を示します。

その中でも月齢に合わせて、好きなものを取り入れアクティビティを用意していますが、ここで能力を高めるためには、「なぜ、いまこの作業が必要なのか」を理解する親の力にかかっています。

ママもパパもこの時期の子育てに意味のない学習は取り入れたくはありません。

そこでキッズパークで取り入れていたからとうやむやなままにすることなく、なぜいまこの作業が脳の発育向上に効果を高めているのか、本質を考えるための時間も設けています。

いまこの作業を取り入れることでメリットがあると理解することで、日々の子育てに確信がもてます。

保護者も効果を理解することで、日常生活に取り入れるから、お子さんの発育も向上させてあげられるのです。

育児を楽しむライフスタイルを伝える

ここは個人的に最も大切なことだと思います。

お腹に命を宿って、新たな生命を迎えるまでは生まれてくるまでの不安もありますが、やはりワクワクでいっぱいです。

でも子育てが始まる中で自分の時間なんてなくなりますし、想像とは違った毎日が始まります。

なかなか育児を楽しむことができないのはみんな同じです。

それだけ愛情があるからなのですが、しかし育児がストレスに変わるだけだと、またそれは大きな問題です。

でも育児は一人の人間を育てるという大事業と考えるのがキッズパークです。

キッズパークは0歳から3歳のもっとも悩みや葛藤を感じる時期の子育てをラクに楽しくと伝えていますが、それは育児が大事業と考えているからこそです。

本当に大変だからこそ、親子のために少しでも楽しく、そしてその中でお子さんの脳を刺激してあげることを考えています。

また育児が大変と感じる中での子育てと、どこか楽しいと感じられる子育ては、ママパパ自身も大きく成長します。

お子さんの負担を軽減するだけでなく、育児を楽しめているとママパパが感じられることをゴールとしています。

そのためのサポートをしているのがキッズパークです。

  • 育児に対する悩み
  • 日々変化するお子さんの反応への理解
  • 育児を一人で頑張る孤独感

育児に対する悩みを解消する時間に、育児に向き合う気持ちに余裕を持つこと。

そして一人で頑張る孤独感を感じる必要はないと思考を変えることで、子育てを楽しい仕事と感じることができます。

ベビーパークは従来にはない新しいタイプの乳幼児親子教室ですが、「子どもを豊かに伸ばす教育法」で育児に取り組むことができるようになります。

  • 叱らない毎日で育児が楽しくなる
  • ママパパの愛情から思いやり深い子に育つ
  • アクティビティを親子で楽しむことで能力向上につながる

ベピーパークに通うことで、お子さんもママパパも理想の子育てに自信を持つことができるのです。

ベビーパークの評判ってどうなの?

ベビーパークの考える子育て法に興味を持った方も多いと思います。

では、実際の受講者の声はどうでしょう?

教室を全国展開する中で気になるマイナスの口コミもありますが、どのような内容なのか見ていきましょう。

ベビーパークの悪い評判

悪い口コミ

ベビーパークに通い始めて半年経ちます。

癇癪が酷かった息子との子育ても以前に比べると穏やかに楽しめています。

レッスン時間は50分と十分ですが、繰り返しレッスンを受けているとレッスン時間に物足りなさを感じます。

楽しめているからなのですが、もう少し長く過ごせたらと思ってしまいます。

(3歳、男の子)

悪い口コミ

ベビーパークでは張り切ってアクティビティに取り組みます。

でもあの環境が楽しいのか自宅でも一緒に取り組もうとすると、あまり前向きではありません。

せっかくなので自宅でも習慣にしたいのですが、まだ1歳の娘はなかなかです。

(1歳、女の子)

悪い口コミ

0歳から始めたベビーパーク。

旦那の転勤で教室は退会しないといけません。

もちろん続けるつもりで教室を探しましたがありません。

一番近い場所でも2時間…。

2歳の息子と2時間かけての遠出はなかなか厳しいです。

早く教室数を増やしてください。

(2歳、男の子)

悪い口コミ

ベビーパークそのものに問題はありません。

ただ、新しく入会した親子の母親の圧が強すぎます。

レッスンもなかなか進まず、周りのママさんも迷惑しています。

以前のように楽しくスムーズにレッスンできるように入会する際はそれなりのルールを作って欲しいです。

(3歳、女の子)

ベビーキッズ受講者の中にもマイナスの口コミはあります。

  • 楽しく感じる中でレッスン時間が物足りなくなる
  • 教室の環境は楽しいけど自宅ではあまり取り組まない
  • 続けたいけど引越し先に教室がない
  • 周りのお母さんの圧が強い

周りのお母さんの圧が強いことに関しては親子教室あるあるかもしれませんね。

いろんな親がいるので、気にせず自分たちのペースでレッスンを楽しむことが一番です。

また教室数が少ないという点に関しては、筆者も今後またこの月齢の我が子を育てるかもしれないと考えると熱望します。

ただ、キッズパークに対するマイナスのコメントだけではキッズパークそのものが評価できない教室とは言えません。

やはり能力向上だけでなく、親子ともに満足できるのかと感じます。

実際に満足している口コミも見ていきましょう。

ベビーパークの良い評判

良い口コミ

ベビーパークに通うまで、毎日毎日子育てに泣いていました。

初めての子育てを理由に泣いて当然と思っていました。

でも心折れる毎日になんとかしないと虫眼にも影響すると考え、いろいろ調べても近くのキッズパークに入会を申し込みました。

キッズパークに通い始めて、今までの負の環境を自分で作っていたことに気付かされ、同時に娘に申し訳ないという気持ちが芽生えました。

取り戻すかのように毎日を変えていきました。

毎日イライラしていた気持ちも不思議となくなり、娘と笑い合える時間が増えました。

私にとって、私も娘も救ってくれたのがキッズパークです。

(2歳、女の子)

良い口コミ

息子が1歳の誕生日を迎える少し前に3ヶ月の出張が決まり、これまで子育てをフォローしてくれていたら主人がキッズパークを勧めてくれました。

私も一人で全てを完璧にできる自信がなく、主人出張の間だけでもと入会しました。

キッズパークに通い始めて、息子との遊びの幅が増え、主人の出張が終わった今も通っています。

キッズパークは子どもだけの教室ではなく、親子で楽しめる教室です。

同じクラスでレッスンを受ける子から刺激ももらえますし、小さな保育園みたいで通っていて楽しいです。

(1歳、男の子)

良い口コミ

2歳の息子とは意思疎通はできないと考えていました。

でも、ベビーパークに通い始めて息子も伝えたい気持ちがあることを考えさせられました。

気持ちが伝えられないと思い込んで向き合っていた頃と今では全然気持ちに余裕があります。

レッスンの後も気持ちが共有できて、レッスンで楽しんだアクティビティを家でも取り入れています。

(2歳、男の子)

良い口コミ

ベビーパークに通うまでは「こうでしょ!」「こうなんでしょう!」と娘の気持ちを決めつけていました。

そこで娘は自分の意思を押し殺していたのかもしれません。

ベビーパークで何度か娘とレッスンを受ける中で「どうして?」「ママに話して?」と言葉が変わりました。

すると時間はかかりますが、娘は自分の気持ちを言葉にしようと必死になります。

そんな毎日を過ごす中で時間に急かされて、自分本位で娘の気持ちを解釈するよりも、娘の言葉に耳を傾ける方が全然子育てがラクになることを感じました。

ベビーパークで取り入れているアクティビティは体と体が触れ合うものが多いです。

娘の成長をお持ちで感じることもできますし、娘の行動力を目にして感じることもできます。

そして娘の表情を見て、幸せと感じられます。

いつも向き合っているから理解しているつもりが、「つもり」だと感じさせられます。

なにより娘との会話で笑いが増えていることを幸せに感じています。

(3歳、女の子)

ベビーパークに通うことで満足している口コミを見ていると、少し客観的に自分の子育てに目が向けられたという声が多いように感じます。

  • 泣いていた毎日から笑いが増えた
  • 環境が変わることで入会したけど続けている
  • 話す楽しさを感じた
  • 理解してあげることの大切さに気づいた

このように0歳から3歳の大変な時期の子育てを少し距離を置いてみることで、一人の人間としてみることで子育てそのものを楽しめている人が多いです。

この時期の子どもは親の大きな声に反応する時期。

出来るだけ表情は穏やかに言葉は滑らかに、そんな環境で過ごさせてあげることで脳にダメージを与えずに素直にたくさんのことを吸収させてあげられます。

なかなか難しい時期でもありますが、ベビーパークに通う中でたくさんのメリットを得ている口コミを見て、お子さんのためにも子育てを楽しむためにもベビーパークの魅力をあなた自身感じてみてはいかがでしょう。

ベビーパークの料金システムは?

ベビーパークは0歳から3歳を対象に教室を開講しています。

クラスは変わるのか?そして料金も変わってくるのか?

料金システムをチェックしておきましょう。

ベビーパークは5つのコースがある

ベピーパークは0歳から3歳を対象に月齢に合わせて5つのコースを用意しています。

クラス 対象年齢 内容
Aクラス 0歳2ヶ月~8ヶ月 育児の基礎となるアタッチメント(愛着)の形成や身体能力の向上、言葉のインプットに主眼を置きお子様の土台をしっかりと育てる
Bクラス 0歳9ヶ月~1歳3ヶ月 周りの大人の行動を真似る模擬反射も強くなる時期、真似っこ本能を活かした躾の方法や、言葉の発達・手指の巧緻性を促す方法などバラエティに富んだレッスンを行う
Cクラス 1歳4ヶ月~1歳10ヶ月 言葉の理解も進み自我を主張する時期、育児の中でついイライラしてしまう時期ですが、叱らない育児を実践する為にはどうしたらよいのかを学ぶ
Dクラス 1歳11ヶ月~2歳5ヶ月 イヤイヤ期と呼ばれる時期に入り、親が丁寧に語り掛け、気持ちを代弁してあげることも必要な時期。運動能力も飛躍的に発達し始めますので、様々なアクティビティを通してバランスよく発達を促す
E・Fクラス 2歳6ヶ月~3歳 「なぜ?」「どうして?」の質問攻めが増える時期、叱らず、面倒がらず疑問や意欲に丁寧に応え、自尊心や自覚を促す

ベビーパークコース別の料金は?

50分×年間42回のレッスン
入室金 14,000円(税抜)
レッスン料/月 A~Dクラス 14,000円(税抜)
E・Fクラス 15,800円(税抜)
教材費/月 1,000円(税抜)
施設維持管理費/月 500円(税抜)

入会金はどのコースも共通でレッスン料ははコースにより異なります。

また兄弟、姉妹入室の場合は2人目からは入室金無料、レッスン料10%割引など特典があります。

双子入室に関しても2人目からの特典がありますので、兄弟での入室の際は、料金をチェックしておきましょう。

ベビーパークは無料体験できる?

ベピーパーク入会を悩む方も、一度体験したいという方も、ぜひ育児勉強会、体験レッスンを利用しましょう。

現在、WEBからのお申込みの場合は通常8,000円(税抜)のところ1,000円(税抜)で受講できます。

さらに「今だけキャンペーン!期間限定で0円(無料)」の体験レッスンも受講できます。

幼児期の発育向上だけでなく、育児を楽しむ毎日に変えるためにも今がチャンスのお得なキャンペーンを利用してみてください。

ベビーパークなら0歳から遊びのなかで知能が鍛えられる

ベピーパークでは脳が80%形成される3歳までの子育ての重要性を考えています。

これを親の押し付けと考えるか、子どもの将来のための考えるからそれぞれ感じ方は違います。

しかしベピーパークは発育向上効果だけでなく、親ががむしゃらに子どもに向き合う時期のこころのフォローも考えた教室です。

よく「親がすぐに怒るから子どももすぐに癇癪を起こす」なんていいます。

絶対ではありませんが、一概にそうじゃないとは言い切れません。

やはり穏やかな環境で育つ子は穏やかなこころを持つと思います。

気持ちに余裕があるから脳もたくさんの刺激を受けて、発育します。

いま0歳から3歳の子育てに奮闘する方に、経験者の私から言えることは「少しでも気持ちに余裕のある子育てをしてほしい」ということです。

そんな環境を与えてくれる一つの場所がキッズパークだと思いますし、ぜひ入会するかどうかは無料体験後でもいいですので、足を運んでみてはいかがでしょうか。

販売会社 株式会社TOEZ
所在地URL 〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町2-5
メトロシティ小伝馬町(FKビル)4階
電話番号 03-5643-7773
URL babypark.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です