日本史を教えている家庭教師の皆さんのために、楽しく年号を覚える事ができる語呂合わせを紹介しましょう!
時代別になっているので、生徒さんの授業の進み具合に合わせて利用してくださいね。

原始の語呂合わせ

大型の動物の狩猟が主だった旧石器時代から、中型動物の狩猟や木の実などの採取へと生活スタイルが変化した縄文時代、稲作中心の生活スタイルになった弥生時代までが『原始』と区分されます。

古代の語呂合わせ

古墳と呼ばれる有力者の墓が作られた古墳時代、仏教が広まり現存する木造建築の中で最も古いとされる「法隆寺」が建てられた飛鳥時代、天平文化が花を開いた奈良時代、日本ならではの国風文化が生まれた平安時代を『古代』と区分します。

中世の語呂合わせ

侍が権力を握り、天下を争った鎌倉時代、室町時代、安土桃山時代の「戦国時代」を『中世』と区分します。

近世・江戸の語呂合わせ

徳川将軍家が政権を握った江戸時代のことを『近世』と区分します。
政局不安だった中世とはうって変わり、平和な時代が訪れました。

近代の語呂合わせ

幕末、大政奉還により政権が徳川将軍家から朝廷にもどった頃から、第二次世界大戦が終わった頃までを『近代』と区分します。
戦後から今日までは『現代』と呼ばれます。