家庭教師を辞めるときには様々な問題が出てきます。

辞めるタイミングはいつがベストなのかという問題、辞める理由を正直に述べた方が良いのかどうかという問題などが挙げられます。
今回は本当に辞める必要があるのか。辞める原因は対処できないだろうか。また、家庭教師そのものまで辞めてしまうのか。というところまで掘り下げてみたいと思います。

家庭教師バイトを辞めたい原因と対処法

家庭教師バイトを辞めたい原因と対処法アイキャッチ
「辞めたい」と思うには原因が必ずあります。まずはその原因がどこにあるのかを考えてみましょう。

指導先が嫌になってしまった

指導先に問題が生じて辞めたくなる理由が発生してしまうパターンです。生徒、保護者、そしてあなた自信が集まる場所ですので何かと問題が起きやすいです。
その中でも多いのが以下のような理由です。

指導先での辞めたくなるよくある理由

  1. 生徒または保護者とそりが合わない
  2. 生徒にやる気がない・集中してくれない
  3. 成績が一向に上がらない
  4. 派遣先が遠い、通り道の治安が悪い等の立地トラブル
  5. 指導の急な日程変更やキャンセルが多い

指導先でのトラブルで辞めたくなった時の対処法ですが、まず初めに会社に連絡する必要があります。どの会社も仕事開始後のフォローについてしっかりとサポート出来る体制が謳われています。
よくある内容であれば、担当スタッフやセンターの職員の方も対処がスムーズに行えるよう備えています。

【コミュニケーションが大事】
指導先の保護者さんや生徒さんとのコミュニケーションの取り方や、成績アップに関する詳細なアドバイスがもらえることでしょう。どうしても不安であれば派遣先にセンターから直接話をしてもらうという方法もあります。

【成績だけにこだわらない】
成績に関しては点数を上げることに固執しすぎず、勉強の楽しさを伝えていくようにすることで、集中力が持続するようになり成績に結びつくこともあります。細かい指導内容や過去に好評だった指導方法を聞くことでいい結果になることもあります。

それに生徒の学習状況も様々ですし、成果が出るのが早い子もいれば、逆に遅い子もいます。保護者から急かされることもあるかもしれませんが、じっくりとご家庭と正面から向き合って進めていく努力もしましょう。

ただしあまりにも一方的な内容で問題が発生しているようであれば、派遣先への同行を依頼したり、派遣先を変えてもらう方法もありますが、変えてもらう場合は即日ではなく担当講師交代までの一定の期間(約2週間~1ヶ月)通勤する必要があることに注意していてください。

家庭教師として教える場合、生徒や保護者の都合や要望ありきということをあらかじめ認識しておくことで、ミスマッチが少なくなるといえるかもしれません。

【指導場所は前もって確認する】
4に関しては担当する生徒の情報と一緒に通勤経路を詳しく聞いておくことで回避できる可能性があります。
生徒の自宅は駅の近くだと限らないため、電車とバスを何本も乗り換える必要があったり、駅から徒歩で数10分歩かねばならないといったケースも中にはあります。そうなると、勉強を教えること自体に問題がなくても、長い移動時間が負担になってしまいます。

せっかく家庭教師として指導がスタートしても、勤務地が遠すぎるという理由で辞めてしまうのは非常にもったいないですよね。

【仕事が無いと給料が出ない】
指導先の問題として明確なパターン。生徒が学校の部活動や体調不良などの都合で、指導を突然キャンセルするといった理由です。そうなると仕事をするためにせっかく時間を空けていたのが無駄になってしまいます。
何度も同じような事が起こるようでしたら、担当のスタッフに連絡を取り、早急に解決しましょう。

今勤めている家庭教師派遣会社が嫌になってしまった

指導先ではなく、あなたが所属している会社との間に問題が生じて辞めたくなる理由が発生してしまうパターンです。主に待遇面での問題がよく発生する傾向があります。
その中でも多いのが以下のような理由です。

勤め先での辞めたくなるよくある理由

  1. 担当スタッフとそりが合わない
  2. 帰省休みがもらえない等の日程のトラブル
  3. 募集内容と仕事内容が違う
  4. 時給が低いなどお金のトラブル
  5. 生徒を紹介して貰えない

勤め先での問題で辞めたくなった時の対処法ですが、勤め先は入ってみないと分からないという問題もあり、解決方法が限定してしまう傾向にあります。一部の原因は指導先のご家庭との話し合いで解決することも可能ですので、相談してみることも必要です。

【人付き合いは難しい我慢も必要】
あなたもスタッフも一人の人間ですから合う人合わない人がいることはごく普通のことです。ですが給料をいただいている以上、多少ウマが合わない場合でも相手に合わす努力は必要だと思います。どうしても我慢できない時は別の担当に代わってもらうように依頼することもできます。

【休みは事前に保護者とも相談しておく】
お子さんの成績を預かっている立場上、自由な休み希望を通すことは難しいと思います。ただし、休む予定が前もって決まっているのであれば、講師の交代を担当スタッフに依頼したり、保護者へ指導日の変更の依頼をすることで希望通りのシフトが組める可能性があります。

指導先の了承が得られた場合、担当スタッフは問題がないという回答がほとんどだと思いますので、まずは保護者さんと相談することをお勧めします。

【仕事内容・条件は事前にチェックする】
案件は引き受けるかどうかを選択できる。という所から安易に仕事を受けないようにしっかりと事前に話をすることで問題を起こさない事が可能です。
案件ごとに時給や仕事の内容が若干変わることはよくあります。ただし家庭教師としての契約時に提示されていた内容と大きく異なる場合は問題です。雇用契約書など契約書の内容を十分に理解したうえで契約を交わすようにしましょう。グレーやブラックな感じがする場合は、家庭教師センターを選びなおしましょう。

【紹介が無いではなく紹介できないことも】
意外とあなた自身に問題があるパターンです。指導が出来る科目や曜日・通勤範囲などは限定していませんか?意外と小さなことでも保護者さんの要求に答えれないことがあります。生徒さんとのマッチングはかなりの条件が合わないと達成することは難しいです。
何か月もの間案件の紹介が無いといった場合は、その家庭教師センターがあなたの地域にお客さんを持っていない。という可能性もあります。そういったときはそのまま別の企業へ登録することをお勧めします。一括登録などを行い案件を複数の場所から受けれるようにしておくことが、家庭教師バイトを早くスタートする秘訣です。

家庭教師自体が嫌になってしまった

勤務先や会社との問題ではなく、あなた自身に問題が生じて辞めたくなる理由が発生してしまうパターンです。予測不可能な事態から、数年前から判明していることまで様々です。
その中でも多いのが以下のような理由です。

自身の都合で辞めたくなるよくある理由

  1. 学業に専念したい
  2. 引っ越しをすることになった
  3. 就活がはじまる
  4. 責任が自分には大きすぎる
  5. 病気になってしまった
  6. 友達が出来ない
  7. 個別指導塾の方がいい
  8. 違う仕事がしたい

辞めざるを得ない・もう続けていく自信が無い。といった場合は仕方ありません。後を濁さぬようきれいに辞める準備をしましょう。

まずは担当スタッフへの連絡ですが・・・家庭教師を辞めるときは、多かれ少なかれ会社側からの引き止めに会うでしょう。あなたが優秀な家庭教師であればある程、会社は強くあなたを引き止めようとします。
ここで注意しなければならないことは、辞める理由を述べる際に会社に付け入る隙を与えないということです。

【勉強に集中したくなってきた】

「家庭教師のアルバイトが忙し過ぎて、学業に専念できなくなってきたので辞めたいと思います。」と言うと、担当のスタッフは「学業に専念できなくなったのであれば、これ以上生徒は増やさないようにします。何人かの生徒を他の教師に担当してもらっても良いですし。だから辞める必要はありませんよね。」となる可能性があります。

簡単に対応策が思い付くような理由であれば、高い確率でその具体策を提案し辞める必要がないことという結論に達します。
ですので辞める理由を言う際には簡単に対応策が思い付かない事柄を選ぶ方が事をスムーズに運べるでしょう。

本音と建前を上手く使い分ける必要があるという事です。

【急遽引っ越すことになった】
「引っ越します」という理由は引っ越し先が遠ければ遠い程、会社側も諦める確率が高くなるので大丈夫でしょう。しかし多少無理をすれば通える範囲でしたら、会社によっては引き止められる場合があるので注意が必要です。

【就職活動は無計画では行わない】
では就活はどうでしょうか。これはあらかじめ予測できることですので、原因にはなりえない場合が多いですね。むしろ急に伝える事の方が問題になりえます。
就職が決まったので」という場合は理由として落ち度はありません。日本では職業選択の自由という権利が保障されているからです。

【生徒の未来を考えると不安】
成績などがプレッシャーになることは十分にあり得ます。家庭教師=絶対に成績があがる。と思い込んでる保護者の方はほとんどいません。もちろんお金を支払っている以上成果は求めますが。ある程度気楽に構えましょう。
自分には無理だと思いこんだり、抱え込んでしまう前に、なるべく早く担当スタッフへ相談しましょう。あなたが抱えている問題のほとんどは他の家庭教師の方も同じく悩ませているものです。一人で悩まずみんなで解決しましょう。

【病気は予測できないが、相談はできる】
最近、学校の教師が心の病(うつ病など)で休職するという話をよく聞きますが、家庭教師に関しても同じようなことがあります。

うつ病になった経験をお持ちの家庭教師さんのお話では、生徒に指導を始めてしばらくすると吐き気が起こり、指導に集中できなくなってしまったようです。
現在は抗うつ薬を飲むことにより再発することはなくなったそうですが、自分の体調不良により急に生徒を指導できなくなったことに対して強く自分を責めたそうです。

心の病の場合、投薬による治療が遅くなればなるほど回復にも時間がかかります。会社は指導ができなくなったことを責める可能性もありますが、心の病になったときはまず自分自身のことを第一に考え、仕事を辞める(休職する)勇気を持って下さい。
病気になったことで会社を辞める場合、医者から診断書をもらい提出した方がより説得力があります。

自分の体調を壊してまで続けなければいけない仕事はありません。家庭教師の先生はまじめな方が多いので、つい生徒や会社に迷惑をかけたことに罪悪感を覚えてしまうと思いますが、体調不良が理由なのであれば自信をもって辞めるべきだと思います。

【友達を作るなら他のバイトが適切】
通常、家庭教師は勤務中に生徒または保護者にしか会いません。指導を行う際には家庭教師センターに立ち寄らず、直接生徒宅に向かうケースがほとんどであるため同僚に会うこともありません。

確かに家庭教師は時給が比較的高額ですし、やりがいを感じやすい仕事です。しかし、せっかくバイトをするならお金を稼ぐだけではなく友達も作りたいという方には不満がたまりやすい環境であり、辞める原因になる場合もあります。

先ほど『生徒の成績が上がらない』を辞める理由の一つに挙げましたが、そのような悩みを抱えていても相談できる同僚が少ないということも関連していると思われます。

【塾講師に興味が出てきた】
個別指導塾の講師は、1~3人ほどの少人数を対象に生徒に勉強を教えるという点では家庭教師と似ています。
集団授業とは違って、問題を解かせながら生徒ひとりひとりの解答に丸付けをしたり解説したりする仕事の進め方もほぼ同じです。

時給面で言えば、家庭教師の方が個別指導塾の講師よりも若干高めに設定されていることが多いです。それにも関わらず家庭教師を辞めて個別指導塾に移る理由はどんな事情があるのでしょうか?

そのひとつは、家庭教師の場合、直接生徒の自宅を訪問することがプレッシャーに感じてしまうという事情です。
生徒の自宅では生徒だけでなく保護者ともうまくコミュニケーションを図っていかねばなりません。そういったことが人によっては負担に感じてしまうというわけです。

辞めたいけど辞められない

辞めたいほど辛いことが起こったり、プレッシャーに耐え切れなくなったりしても、どうしても辞めれない事情をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
その中でも多いのが以下のような理由です。

辞めたいけど辞めれないよくある理由

  1. 経済的事情
  2. フリーターとの競争
  3. 非正規雇用が常態化

辞めたいけど辞められない時の対処法ですが、今の自分に家庭教師バイトがベストな選択なのか考えてみましょう。
家庭教師は一回の労働時間が他のアルバイトに比べて短く、時給も高いため、部活やゼミ、習い事や他のバイトとの両立にはうってつけのバイトと言えますが、決まったシフトと労働時間でしっかり稼ぎたい人には不向きかもしれません。
なぜなら家庭教師の仕事は派遣先と自分の条件のマッチングですので、必ずしもあなたが希望した日時全てに仕事が入るわけではありません。
また、労働条件が悪く、本当は退職を希望しているにもかかわらず生活の為にアルバイトを辞めることが難しく、そのうち学業とバイトの比重が逆転してしまい、退学や休学に至る大学生が増えていることも聞いたことがあるかと思います。
いわゆるブラックバイトと呼ばれるアルバイトです。家庭教師業界では比較的珍しいものの、稀に無理難題を押し付ける家庭教師派遣会社も存在するようです。おかしいな?と思ったら一人で悩まず誰かに相談してみましょう。

家庭教師派遣会社に退職の意向を伝えよう

辞める決心がついて、理由も明確になればあとはその内容を担当スタッフ、保護者さんに伝えるだけです。納得してもらえるようしっかりと話し合いましょう。
※辞めるのを応援する内容ではありません。どのような辞め方であれ、複数の人が関係しているのでどこかに影響が出る可能性はあります。

退職願いを伝えるタイミングはいつ?何日前がいい?

少なくとも辞める1ヶ月前までに連絡しましょう!!準備も含めて2~3ヶ月前には連絡するとよいでしょう。

受験前や試験前の一番大事なシーズンに突然先生が来なくなってしまうと、生徒の人生を左右しかねません。
センターや派遣先の家庭の言いなりになる必要はありませんが、教師である責任は忘れてはいけません。しっかりとスケジュールを考慮した上で退職のタイミングを見極めましょう。

どんな方法で伝える?方法別、辞め方の定型文

直接伝えるのは気まずい、難しい等の理由がある場合は電話やメールでなるべく早めに伝えましょう。

電話での退職願の例文

(定型例文)
「お世話になっております、アルバイトの○○と申します。○○様(担当スタッフ)はいらっしゃいますか。
申し訳ございませんが、○○○○の為、○月○日で家庭教師の仕事を(または現在の派遣先の仕事)を辞めさせていただきたいと考えております。」
退職が認められたら
「ご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。短い間でしたが、大変お世話になりました。では失礼いたします。」

問題になる可能性も…絶対にやってはいけない!辞め方

会社に辞めるというのが気まずい、面倒くさい、引き留められて断れない等、色々な理由があると思いますが、退職はきちんと行いましょう。特にバックレや個人契約に切り替える等の退職だと問題になる可能性が大いにあります。気を付けてください。

また、派遣先の家庭に先に退職を伝える事もできれば避けましょう。センターが退職を把握していないと、後々問題に発展しかねません。周りに迷惑をかけない点は勿論ですが、不要なトラブルから自分の身を守るためにも面倒でも順を追って退職手続きを行いましょう。

個人契約について詳しくまとめている記事がございますので、ぜひ読んでみてください。

家庭教師バイトで個人契約をするときはどうすればいいの?仕組み・開始方法・トラブルについて

辞める時に思いがけないトラブルが発生することも

いざ辞めようと切り出しても、すんなり辞めれることは少ないです。大小問わず何かと問題は起こるものです。ここではよくあるトラブルからとんでもないものまで解説します。

トラブルの主な例

よくあるトラブルの一例がこちらです。

  • 時期が悪いと言われて辞めさせてもらえない
  • 直接(個人)契約を疑われている
  • 講師都合ではやめられないと言われている
  • 罰金、違約金、損害賠償などが発生すると言われた

退職トラブルが起きてしまった場合

ではトラブルが起こってしまったらどう対処すればよいでしょうか。
忙しい時期(新学期シーズンや受験シーズンなど)であった場合、生徒さんの今後にも大きく影響が出る可能性があるため、辞めにくいかもしれません。事前に繁忙期がどの辺りにあるのか担当スタッフから情報を収集しておきましょう。
時期以外の一例が発生したときは、慌てず落ち着いて契約書の見直しをしてみましょう。
罰金や違約金等を請求された場合は労働基準監督署、警察、弁護士、大学の学生課へ相談することをお勧めします。

トラブルを事前に避けるためには

契約書の確認や口頭での契約などは避け、重要なことは書面で残す事が大事です。書類が渡されなかったり、見せられただけで終わらずコピーをとっておくことも重要です。

最後に

ここまで辞める理由について述べてきましたが、一番大切なことは一度辞めると決めたら断固たる意志を持つということです。どんな理由にしても多かれ少なかれ会社の引き止めがありますから、担当者の言葉に心を動かされない様にしましょう。

一度辞めることを会社に伝えて引き止めに応じてしまった場合、次回は一回目よりも更に辞め辛くなってしまいますし、引き止めに応じて良かったという話もあまり耳にしたことがありません。辞めると決めたのであれば最後まで意志を貫くことが必要です。

ただ一つ知っていただきたいのは、現在の派遣会社を辞めて他社の派遣会社と契約し直したとしても、生徒の成績が上がらないことや自分に合わない生徒と遭遇する可能性は高いということです。

もしあなたが家庭教師という仕事に魅力を感じており今後も何らかの形で続けていきたいとお考えでしたら、それらの状況を上手く対処するという技能も身に付ける必要があるでしょう。対処するための技能を身に付けるには指導の経験が一番効果的ですので、指導に慣れるということも大切だと思います。