幼児ポピー無料お試しを受けた体験談をまとめてみた!子供の反応が素直すぎた!

幼児ポピー無料お試しの体験談

私は、4歳(今年5歳)年中の娘を持つ、主婦です。

幼児教材を取り入れたのは、娘が幼稚園入園からしばらくした頃でした。

娘の初めての幼児教材は「こどもちゃれんじ」。

こどもちゃれんじを続ける中で、娘の【絵を見て考える力】は身についていると思っています。

  • 絵を見て考える力が身につく
  • 鉛筆を握る時間が増える
  • 日常生活では体験できない経験ができる

他にもこどもちゃれんじでは、子どもの脳を刺激する効果の高い教材だと感じています。

ですが、他の教材にも目を向けてたくさんのものを試してみるのもアリかなと。

そこで色々と幼児向け教材を調べていく中で、やっぱりいくつか気になった教材はありました。

今回、もし切り替えるとしても実際にいま取り入れている教材では得られない効果が期待できるものと決めていました。

そこで今取り入れている教材との違いを感じた「幼児ポピー」を今回、資料請求してみることに。

個人的に幼児ポピーに期待していることは「考える力を養う」という点です。

本当に4歳の娘が問題を解く中で自ら考えるまで関心を示すものなのか?そして実際に答えを導くことはできるのか?

資料請求で、無料体験ができたので、実際のレビューを紹介します。

さゆり先生

幼児ポピーは当サイトでも一番おすすめの幼児教材です。

一番コスパが良い幼児教材なので、何を選べばわからない方は、まずは幼児ポピーを選んでおけば間違いないです。

幼児ポピーに期待してることは【考える力を養う】こと

幼児向け教材も今では豊富で、教材選びに失敗する人も多いと思います。

比較する教材があればそれなりに正しい判断ができるのではないか。

そんな気持ちからも他社の教材に目を向け、今回幼児ポピーを選びました。

  • 学び重視の教材と考える中で学力向上効果
  • 月齢に合わせて質の高い学習が得られること
  • 毎日の学びで学習が定着する

幼児教材にこのような効果を期待するのは少し無理があるように感じますか?

幼児ポピーは学習メインの教材です。

考える力を伸ばすための工夫された問題が多いのが特徴。

そして親目線では「今はまだできないでしょう」のラインの上をいく内容で問題が作られていると思います。

公式サイトでブック内容を見ても、こうした気持ちは高まりました。

また子ども自身が一度疑問を感じる瞬間があり、その疑問を解消できた喜びが感じられるのは大きなメリットです。

分からないことを自分の力で解決できるから学ぶことに楽しみを感じ、学習の定着につなげられるのではないかと感じています。

幼児ポピーの資料請求をすることで知りたいことをまとめてみた

  • 遊びメインの教材から切り替えても家庭学習を続けてくれるのか
  • どれだけのサポートが必要になるのか
  • 小学校入学前の準備につながるのか

幼児ポピーの無料体験にワクワクしながらも、不安もあります。

こどもちゃれんじとはイメージがガラっと変わると思っています。

そこで娘が学習に対して強いイメージを持ってしまうと、これまで継続できていた学習の定着が崩れないか。

そして、こどもちゃれんじではそれなりに目を離していても進められる問題はあったので、学習時間の最初から最後までをサポートしないといけないのかという不安もあります。

また、幼児ポピーに学力向上効果を期待しているので、そのために学習のサポートが絶対であれば娘の学習を優先させるつもりではいます。

そこでそれなりの効果はあるのか?

果たして小学校入学前の準備まで到達できるのかという不安もあります。

どの教材をお試しするにしても、期待もあるから不安もあります。

今回、幼児ポピーの無料体験を行う中で期待していることは【考える力を養う】ということです。

そんな期待があるからこそ、不安もあります。

実際に無料資料請求してみた

不安がないわけではありませんが、実際に無料体験を行いました。

ちなみに今回、幼児ポピーの無料体験について私は娘には伝えていません。

なにやら教材らしきものが届いても、いつもと同じ教材だと思っていました。

なぜ、私が娘に伝えずに無料体験を行なったのかというと、娘の本心を知りたかったからです。

いつもと同じ教材だと思っている娘に「これはまた違うものだよ」と伝え、半透明の袋を娘に近づけました。

中身を見て「いつものと違う!」と声を出すと、普段より教材に興味を持ち、早く開けてと催促されました。

子どもは新しいもの好き!でも幼児ポピーは付録などないと聞いていたので、教材を見て興味を示さなかったらどうしようという気持ちもありました。

ただ、付録なしの学習メインの幼児ポピーですが、教材はカラフルで4歳の娘はワクワク感を高めていました。

袋を開封すると、茶封筒とブックやパンフレットが入っています。

今回、無料体験で使用するのは茶封筒の方ではなく、袋にそのまま入っていたブックです。

幼児ポピーの特徴や保護者向けの冊子、その中にブックも入っています。

メインで使用するブックは表紙に「おためし号」と書かれており、裏表紙にはおためし号で取り組む問題の回答が書かれています。

この1冊のブックでお分かりのように、この時点では「学習重視」のようなイメージはありません。

実際、この時点で娘が取り掛かる前に写真を撮っているその時間すら、娘にとっては煩わしく早くやりたい早くやりたいとせかせかしていました。

子どものやる気スイッチが入ったタイミングで取り掛かるのが1番!

実際におためし号を進めてみました。

おためし号の内容が充実している!

おためし号を実際に開いてみて感じた感想は「これなら私と同じ不安がある人も不安はなくなるかも!」コメント下手と言われても仕方ないですが、率直な意見です。

  • 内容がとにかく充実している
  • 考える視点が違う
  • 使いやすいブックに感動

見開きで6ページ分の問題をおためし号で実際に体験でき、おためし号だからと難易度が低いようには感じません。

出題される問題は、娘が考える視点を変えないとなかなか手が進みません。

またシールブックとまではいきませんが、シールの張り替えができるブックになっているのも個人的には高い評価をつけたいです。

シールの張り替えも可能で、もちろん字の書き込みも問題なくできる台紙でブックが作られています。

まだ問題を進めていませんが、この点で大きな感動を覚えました。

シールの張り替えもできるということは、まずはお子さんに取り組ませてみるというチャンスが増えます。

さて、実際におためし号を進めたレビューですが、写真付きで分かりやすく、簡潔に進めていきましょう。

まずはたくさんの果物や生クリームを自由に貼り付けてOKのページから始まりました。

親としては一瞬「期待ハズレ?」と感じるページですが、子どもにとっては余裕ができて学習のスタートにぴったりのページです。

こちらはパンの種類を考えて、仲間を考えながらシールを貼ります。

ここもまだまだ序章に過ぎません。

娘が実際に字を書いているのは見開きの右ページです。

左のページは一面に「し」の文字が大きく書かれています。

そこは指で「し」をなぞるためのページ。

これはグッドポイントです。

文字を書く練習で指でなぞるということをこれまでしたことがありませんでした。

でも、娘に一度指でなぞらせた後に実際に鉛筆を手に取り、文字をなぞらせると普段より丁寧に点線の上をなぞっていました。

いきなり難易度が上がったと思いましたが、理解したら下段は娘自分で進めていました。

説明は大切です。

ここで使用するシールシートは余りが出るようになっています。

ただ色だけを合わせて貼ってしまっては理解して進めていることにはなりません。

ここでは色を考え、数を考え、左のページに正しく色と数で回答します。

写真にも文言してますが、後半気が抜けて貼る場所をミスってます。

でもここで間違っていると気付いているので合格ラインにしました。

そしてシールの張り替えができるので、この後娘はシールを外しています。

このページは口を出さずにはいられなかった…。

シールを貼るということは、教材以外でもいろんなシーンで何度もしたことがある娘ですが、貼るシールの形が本当に複雑です。

これまでの感覚と同じ感覚で貼ってしまうと、いびつなパーツになります。

実際に一箇所、シールを貼った場所を写真で載せておきます。

木の線に合わせることが本当に難しいです。この場所はまだまだ難易度低めです。

他にもシールを貼り合わせますが、もう最後は少しズレててもOK出したくなります。

でも、この問題も何度か繰り返す中でシールとブックの絵を何度も見返して、シールの方向を考えていました。

大人にとっては一瞬でできることでも、娘にとってはすごく頭を使いながら、時間をかけて取り組んでいました。

今回、おためし号を使用して参考になるページをピックアップしていますが、ほぼ全部でしたね。

無料資料請求を受けて良かったこと

幼児ポピーの無料体験を受けて、幼児ポピーは地頭も鍛えられる教材だと思いました。

そして学力向上効果はたしかにあると思います。

また一緒に取り組んで一緒に喜べる瞬間がとにかく多いです。

正直、幼児教材って「このくらいできるでしょう」という気持ちがある中で、サポートしてました。

娘ができた時は大げさに褒めますが、幼児ポピーは問題が解けたら感激を覚えるレベルです。

子どもが頑張っているということが納得できるから、出来るまで自然に寄り添っていたくなりますし、できた瞬間にそばに居たいという気持ちも芽生えます。

ひとり学習ができるためにサポートすることも大切ですが、幼児ポピーはさまざまな視点で考える問題が多いと思いました。

必要であれば考えるためのヒントをあげて、少しずつお子さんの脳をいろんな視点で刺激してください。

幼児期の脳はスポンジと言われています。

素直になんでも吸収します。

この時期にたくさん脳を刺激することで、思考力や創造力や独創力、打開策を考える力や、難問から突破する力が身につきます。

頭のいい子と言われるとそうですが、人が見えないところに気付ける子にもなると思います。

今回、幼児ポピーのおためし号で比較する教材があったから少し大げさなのかもしれませんが、私は幼児ポピーの無料体験で期待大の教材だと思いました。

無料資料請求を受ける前と後で変わった印象について

  • 付録なしの教材ではあるけれどワークブックはカラフルで学習意欲を高める
  • 難易度は高いけど考える時間が増え、できることで自信がつく
  • 機転を変える脳を養う工夫が凝らされている

幼児ポピーに対して「学力に合わせて受講者を選ぶ教材」と極端に感じていましたが、決してそんなことはありません。

ワークブックを開き進める中でも、飽きることなく次々と思考を変えて考える問題に率先して取り組んでいました。

なんと言っても幼児期に意味のある学習ができるというのが幼児ポピー最大のメリットだと思いました。

考えて考えて答えを出すので、脳の活性化だけでなく、あと伸び効果も高いでしょう。

小学校入学前はお子さん自身も期待と不安でいっぱいです。

でも幼児ポピーで考える力、理解する力を身につけておくと、自分が理解しているのかどうかの見分けをつけることができます。

分からないことを早期に解消することで、小学校入学以降の学習にも苦手を作ることなく、バランスよく学力を高める力を身につけることができます。

幼児ポピーの無料体験を終えて、幼児ポピーはたしかに総合的に難易度は高いです。

でもスタートは誰でも好きに楽しめるページから始まります。

それに難しい問題も1問に制限せず、繰り返し行えるので少しずつ「自分でもできる」という考えに切り替わります。

内容に関しては申し分ありませんというより予想を超えたというのが本音です。

こんな人は無料資料請求を受けることをおすすめします

  • 考える力を身につけたい
  • 学力向上のための基礎を作りたい
  • いろんな視点でものが見れる子に育てたい

幼児ポピーの無料体験で私が求めた「考える力を養う」という点では期待以上の教材でした。

また小学校入学以降の学習をサポートするための土台作りもできると思います。

そして脳を刺激して考える中で、いろんな視点で物事を考えられる子に育つと思います。

幼児ポピー

幼児ポピー幼児ポピーの評判ってどうなの?人気の理由ってなに?

無料資料請求して、子供と教材の相性を確かめてみましょう

今回の無料体験レビューは、私と4歳の娘の体験レビューです。

お子さんによっては高いスキルで学習を進めている方もいると思いますが、無料体験は無料で行えます。

実際に手にして、お子さんと取り組んでみる価値ありの教材ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です