ベルリッツキッズの評判ってどうなの?子供でもちゃんと学べるって本当なの?

ベルリッツキッズ

英会話教室の中でも比較的月謝がお高めなベルリッツキッズですが、費用対効果を見てみるとやはり満足している人は多いようです。

でも親としてはお金を無駄にしたくない気持ちは強いはず。

ウチの子でも本当にお金を払うだけの価値はあるのか不安ですよね。

そこで今回、ベルリッツキッズについて費用対効果はあるのか?

そして4歳から対象にしていますが、月齢の低い子どもでも英語力は高まるのか調べてみました。

実際、ベルリッツに関しては、大人の英会話教室として非常に評価が高いです。

評価の高い英会話が子供にも対応しているというのですから、期待が膨らみますね。

ただ、ベルリッツは対面での英会話教室となるので、オンラインでの英会話を検討されている人も多いです。

子供用の英会話に関しては幼児英語教材がおすすめです。

ベルリッツキッズってどんな教材なの?

ベルリッツキッズと聞いて、すぐにどんな特徴を持つ教室なのかイメージできる人はまだ少ないかもしれません。

その理由というのが全国に教室を開講しますが、教室数はまだ51校と、大手英会話教室と比較すると少ないのが理由です。

今はまだ知る人ぞ知る英会話教室ですが、ベルリッツキッズは1980年設立、青山を本社に教室展開を進めています。

学力重視の東京を拠点に数多くの受講者を集め、各地に教室を広げています。

レッスンは2〜3人の少人数で行い、レッスン毎に外国人講師が変わるのも、他社との差別化を図る学習方針です。

少人数生にすることで、お子さん一人ひとりの発言の回数は増えますし、講師も受講者の反応に目が届きやすくなります。

講師は外国人講師で授業を進めますが、毎回同じパターンでの学習ではなく、講師によって異なるレッスンから高いレベルで英語力を高めていくのがベルリッツキッズの特徴と言えます。

考え方としては、それなりの英語力を身につけるのではなく個々のスキルを高めることを目標にしているのがベルリッツキッズです。

  • 英語でのコミュニケーション力が身につく
  • オールイングリッシュだから自然と英語脳・英語耳を養う
  • お子さまの発達や習熟に合わせたレッスンで無理なく学べる

ベルリッツキッズは月齢によって学習内容は異なりますが、基本的に教室に入ると英語のみの空間です。

もちろん英語だけの環境に馴染めない子は受け付けないなんてことはありません。

英語に触れ合う時間を増やすことで、子どもの吸収力を生かして効率よく英語脳を鍛えることを重視しますが、学ぶペースはお子さんによって臨機応変に対応します。

少しレベルの高い印象を受けるかもしれませんが、こうした学習内容でも、個々のスキルが高まるのは最大3名の少人数レッスンでたくさん英語に触れられるからです。

5〜6人をレッスン人数の上限にしている教室が大半です。

なかには10人1クラスでレッスンを行う教室もあります。

和気あいあいと楽しそうな印象は受けますが、実際にお金を払っている分の効果は得られるのかと言われると厳しいでしょう。

子どもは「赤信号みんなで渡れば怖くない」精神で生活しますからね。

クラスにいるお友達がふざけ始めると、みんな一緒になってレッスンそっちのけで遊び始めます。

講師がその場を沈めるまでにも時間はかかりますし、その時間は学習できていない時間です。

ベルリッツキッズは他の教室と比較すると月謝が高いとは言われていますが、少人数クラスで一人一人集中して学習する環境をつくります。

こうした点を考えると少し安い月謝で、お友達と遊ぶための塾よりも、少し高めの月謝で質の高い授業を受けられる方が価値はありますよね。

ベルリッツキッズはこのように人数を最大3名に絞ることで、一人ひとりの会話量を増やし効果的な上達を実現しています。

さらに、月齢の低い子にとっては壁を感じるかもしれませんが、教室に入ると英語のみの環境に身をおきます。

この点に関しては個人でかに月齢の低い時期こそ大切な環境だと考えています。

タイムリミットがあるわけではないですが、0歳から6歳の幼児期と言われる6年間。

この6年間を過ごす子どもは語学の天才と言われています。

なんでも抵抗なく吸収する時期ですからね。

そして耳にした言葉を正解、不正解関係なく自分が聞いた言葉で口にします。

英語学習において、スキルを高めるために必要なことはたくさんの英語を吸収するインプット力。

そしてインプットした言葉を口にするアウトプット力で効果の現れ方に差が出ます。

ベルリッツキッズは4歳から対象にしていますが、4歳だからとカタコトの英語を教えることはありません。

逆に幼児期の4歳だからこそオールイングリッシュの環境を強みに考えています。

もちろんレッスンでは、テキスト以外にもカードなどを用いて学習を進めます。

使用するアイテムもオール英語表記ですので、常に英語に触れられる環境を作っています。

日本語だから吸収しやすいと感じる時期でない幼児期は日本語でも英語でも目に入る文字や耳にする言葉全てを吸収します。

この環境の中でコミュニケーションを図るために英語が必要と感じ、耳にした言葉をアウトプットします。

ベルリッツキッズは4歳から対象に6年生までのクラスを2つに分けていますが、どちらのクラスも英語耳を育てるためにオールイングリッシュでレッスンを進めます。

英語を覚えて話せないとコミュニケーションが取らないという状況のなかで、お子さん自ら英語を学ぶ姿勢を身につけていくのです。

ベルリッツキッズのコース別の学習内容は?

ベルリッツキッズには4歳〜小学2年生のコース、そして小学3年生〜小学6年生のコースがあります。

中学生以上のコースもありますが、幼児期から小学校の間に通えるコースは2つの月齢別に分けたコースと、マンツーマンコースと言われる講師と一対一で学習できるコース。

今回はこの3つのコースについて、どのような学習が取り入れられるのかを紹介します。

4歳から小学2年生コース

ベルリッツキッズで4歳〜小学2年生のコースでは「英語が楽しい」と思える内容で学習をスタートさせます。

そのためにテキストはもちろん使用しますが、歌やダンスを取り入れているのが特徴です。

とくに月齢が低いと体を動かし、音として英語を吸収する能力が高く、英語を勉強とイメージさせるよりも楽しみに変えることで自然と身につける内容を取り入れます。

  • 歌やダンスで英語に苦手意識を作らない
  • 夢中になって覚えられるようゲーム形式で自然と英語がみゆまち君
  • 繰り返し学習することで英語を定着させる
  • 単語だけでなく文法を取り入れることで会話術を身につける
  • オールイングリッシュでも無理なく学べるサポート体制を整えている

4歳〜小学2年生の時期は、まだ学校でも英語に触れる機会が少ないです。

そこで習い事の中で英語を知ることで、苦手意識を感じる子が多く、早期の英語学習を目指しても学ぶお子さんによっては逆効果になることもよくあります。

ベルリッツキッズは普段あまり耳にしない英語でも、苦手意識をなくして楽しく学習できる環境を用意しています。

それだけでなく月齢が低い時期でも、教室の中では英語のみで学習が進みます。

しかしサポート体制を整えることで、英語だけの環境にも壁を作ることなく、自ら学ぶ姿勢を養ってくれるので教室で習った英語をくり返し練習できる、効率的な学習サイクルも徹底しており、40分の学びの時間の配分は以下のようになっています。

時間 所要時間 内容
学習スタート〜5分 5分 始まり
5分〜15分 10分 単語やフレーズなどを学ぶ
15分〜25分 10分 反復練習
25分〜35分 10分 学んだことを発表する
35分〜40分 5分 振り返りのための確認

ベルリッツキッズはこのサイクルの中で英語学習を定着させ、学習の効率化を図っています。

ただ教室の中で月齢の近いお友だちと遊ぶだけでなく、学んだ言葉で会話をして、発表する時間を設けています。

周りのお友だちの発表する内容を聞き取るのも学びの一つになりますし、自分発信の時間があるので今学んだことをしっかりと記憶しないといけないと考えます。

そこで英語脳が鍛えられ、40分の学習時間で質の高い学びができるのです。

小学3年生から小学6年生

ベルリッツキッズが小学2年生と小学3年生で区切っているのは、小学校3年生から学校でも英語学習が始まるからです。

大半の英会話教室は学年ごと、もしくは幼児期と小学校期でクラスを分けます。

たしかに小学校に入学したら同じクラスに1年生がいても4年生がいても、これまでは不思議ではありませんでした。

しかし小学1年生は学校の学習で英語に触れる機会はほとんどありません。

逆に小学4年生となると1年前から急に教科書がプラスされて英語学習が必須になっています。

こうした学びの科目の有無が異なる学年を同じコースにまとめることは、ベルリッツキッズは学習の効率低下と考えていると思います。

そこで小学2年生と小学3年生で区切りをつけていると思いますが、これは学習内容を見ても理解できます。

小学3年生〜小学6年生の4年間で、ベルリッツキッズは外国人と英語でやり取りできるコミュニケーション力が身につけるまでのレベルを学習に盛り込んでいます。

英語をたくさん耳にして英語に触れることはもちろんですが、小学生の時期で自分の考えを文章で話せるまでのレベルアップを図ります。

  • オールイングリッシュだから、英語だけで会話する力がつく
  • 自分の考えを文章にして発信できる
  • フォニックスで学ぶからネイティブな発音が身につく
  • 学ぶ→会話で実践→振り返りができる効率的な学習サイクルで英語が定着する
  • 読み、書きを基礎に会話の引出しを広げる
  • 宿題のワークブックで自宅学習を習慣化する

小学2年生までのコースと比較すると、一気に目指す目標が高くなっているように感じます。

ですが、学校でも必須科目として始まる英語学習ですので、学びに限界は作らないのがベルリッツキッズです。

オールイングリッシュも強化されますが、分からないことがあれば、ジェスチャーや単語で質問できるまでのスキルが身につきます。

また英語だけの環境に身をおくので、自然と自分の考えを文法に変えて発信する能力も身につきます。

外国人講師が臨機応変に言葉を選ぶので、耳慣れた単語だけでなく、現地でも通用するだけの英語耳が鍛えられるのもベルリッツキッズの強みです。

さらに簡単にステップアップできる仕組みを取り入れ、学びの中で「学ぶ→会話で実践→振り返り」が繰り返し行われます。

学習時間は40分、4歳〜小学2年生と同じで学習サイクルに違いはありませんが、よりハイレベルな学習がスタートするのが小学3年生からです。

教室で英語学習を進める中で、基礎となる読み・書きを徹底します。

そこで学ぶ数も増えるので、会話の引出しを広げることはできますし、宿題のワークブックで自宅でも予習、復習で英語学習を習慣化させます。

教室で学んだことを着実に定着させる工夫がなされているので、小学校3年生から必須科目として始まる英語のスキルアップを効率よく図ることができるのです。

マンツーマン

英会話教室もたくさんありますが、その中でベルリッツキッズを選ぶ理由の一つにもなっているのがマンツーマンコースを導入しているという点です。

  • 理解度やスケジュールに合わせて柔軟に対応してほしい
  • 英検など特定の目的に向けて早急に対策したい
  • 帰国子女のお子さまの英語力を維持したい

このような方がベルリッツキッズのマンツーマン指導を受ける傾向にあるようです。

また親が高い効果を求めるからマンツーマン指導を受けるという方もいますが、最近はベルリッツキッズのマンツーマン指導の効果の高さから、求めるニーズも増えているようです。

  • はじめての子とレベルが合わない
  • 他の子のレベルに早く追いつくため集中練習したい

英語を学ぶためにお金をかけるわけですから、レッスン毎にスキルアップを求めます。

しかし少人数でレッスンしてくれるベルリッツキッズでも、受講者とのレベルの差に不満や不安があるようです。

そこで個々のレベルに合わせた英語学習を取り入れるためにマンツーマン指導を希望する方も増えています。

ベルリッツキッズの特徴としては、マンツーマン指導は教室だけでなく、オンラインの併用受講も可能という点です。

今日は忙しくて送迎できないなんて日も自宅にいながらオンラインで学習できます。

お子さんの急な用事で急遽キャンセルしないといけないなんて時も、空いた時間にオンラインで学習を取り戻せます。

マンツーマン指導も全レッスン、国内のベルリッツの外国人教師が担当するので、マンツーマン指導だからと講師の質が下がるなんて心配も不要。

ベルリッツキッズはマンツーマンでお子さんのレベルや目的に合わせて学習内容を変えていきます。

  • 留学を予定している子
  • 検定資格取得を目指す子
  • 帰国子女で英語力を維持したい子
  • 英語は初めてだけど自分のペースで着実に英語力を身につけたい子

マンツーマン指導を受ける目的は異なっても、しっかりと個々のレベルや目的に合わせてくれるので、目指す目標に向けて着実にレベルアップできます。

ベルリッツキッズの評判ってどうなの?

学習の内容の違いから幼児から小学生向けに2つのコースを提供するベルリッツキッズ。

実際の受講者もやはりベルリッツキッズには満足しているのでしょうか?

ベルリッツキッズの悪い評判

悪い口コミ

ベルリッツキッズは小学校入学と同時に通い始めました。

4年間通って、娘にも合っていますし英語力は身についています。

ただ来年、転勤が決まり近場に教室を探していますが、全国で51校しかないので、転勤先では続けられそうにありません。

(小学4年生、女の子)

悪い口コミ

ベルリッツキッズに通い始めた友人の息子と電話していると、驚くほど英語力が身についています。

私も娘に通わせたいのですが、都心には教室がたくさんあるようですが、私の地域にはありません。

もう少し教室数を増やして欲しいです。

(5歳、女の子)

悪い口コミ

地域によるものだと思いますが、息子が通う教室は参加する子どもが少なく、クラスが組めないことがあります。

どうしてもベルリッツキッズがいいので、一緒に通えるお友だちを探しています。

ちなみに息子の通う教室は2名以上でクラスがスタートします。

こうした口コミは稀だと思いますが、万が一生徒数が少ないと快適に通えないことがあることも頭に入れておいて欲しいです。

(小学2年生、男の子)

悪い口コミ

ベルリッツキッズの英語力を高めるための学習内容に関しては評価します。

でもマンツーマンレッスンですと1レッスン6,000円~7,000円もかかりますし、グループレッスンも月に13,000円はかかります。

価格を抑えて質が下がるのも問題ですが、もう少し安くしてくれたらというのが本音です。

(小学4年生、女の子)

ベルリッツキッズ受講者の口コミを集めました。

マイナスの口コミももちろんありましたが、特に多いのは教室数が少ないという点でした。

転勤などが理由で仕方なく教室を辞めることはあります。

でも同じ内容で学習したいとなると、どこにでも教室があるわけではないので、デメリットになるようです。

また費用対効果を見ると、価格面も納得はできるようですが、他社と比較するとどうしても高いかなと感じるようです。

価格に関してはそれだけの質の高い学習ができるかどうかで感じ方は変わります。

本当に英語学習にこれだけのお金をかけていいのか?

満足している受講者の口コミを見ていきましょう。

ベルリッツキッズの良い評判

良い口コミ

ベルリッツキッズは少人数で英語学習を行います。

多くても3人の生徒ですので、先生の目も行き届きます。

また発言機会も多く、あまり英語に興味を持っていなかった息子も英語を喋ることに楽しみを感じているようです。

4歳なのでペラペラなんてことはありませんが、生活の中で英語を話す回数は増えました。

(4歳、男の子)

良い口コミ

英会話塾を転々としていた私たち。

娘は英語が好きでレベルの高い学習を求めていました。

これまでの塾では納得できず、家庭学習に変えようかと考えている時にベルリッツキッズについて知りました。

初めはグループレッスンで参加しました。

グループレッスンも講師の教え方や問い方がこれまでと違うと感動していました。

しばらくグループレッスンを受けて、娘の希望でマンツーマンコースに変えました。

費用は変わります。でも娘はベルリッツキッズに通い始めて3ヶ月、中学1年ですが英検準1級合格しました。

本人の意欲は高まるばかりです。

でも好きなことに集中してくれるのは嬉しいです。

親のサポートも必要ですが、英語は今後必ず役立ちます。

ベルリッツキッズで高度な学習ができることはお金には変えられません。

(中学1年生、女の子)

良い口コミ

英語が苦手な息子に家庭学習教材を用意しても、全く意味がなく、将来のためにも塾を探す中でベルリッツキッズを知りました。

塾も嫌がるかなと思いましたが、少人数でレッスンしてくれるベルリッツキッズは周りの目をあまり気にする必要がないからなのか、息子が意外にも楽しく通っています。

通い始めから2.3回目まではやる気スイッチを入れて送り届けていましたが、4回目になるとレッスンを楽しみにしていました。

息子の英語に向き合う気持ちの変化もそうですが、自宅に帰ってきてからも英語学習を進んで取り組みます。

このまま少しずつでいいからスキルアップして欲しいです。

(小学5年生、男の子)

良い口コミ

マンツーマンレッスンを考えている方におすすめできるのがベルリッツキッズのマンツーマンコースです。

主人の仕事上、アメリカで生まれた兄妹。

兄は10歳まで、妹は7歳までアメリカで育ちました。

2年前日本に戻り、数ヶ月で英語を口にする回数が減り始めました。

これではいけないと英会話塾に急いで入会しましたが、ネイティブな英語で育ってきた子どもたちにとっては日本で教わる英語に困惑。

逆効果になると教室を変え、ベルリッツキッズに決めました。

英語圏内で生活していたからわかりますが、英語を学ぶ環境としてかなりレベルが高いです。

少しお金はかかりますが、せっかく身につけたネイティブな英語も触れる機会がなくなると忘れます。

英語が話せるのはこの時代、大きな武器ですので、これからも2人にはベルリッツキッズで英語力を維持、高めてもらいます。

(小学6年生 男の子、小学3年生 女の子)

べルリッツキッズの口コミの大半は満足しているという内容でした。

  • 英語が好きになる
  • 英語学習に取り組む姿勢が変わる
  • 高い目標でもサポートできる
  • ネイティブな英語を身につけられる

このような口コミがありますが、ニーズに合わせた学習ができるというのはベルリッツキッズの強みになるでしょう。

英語が初めての子でも英語を好きになるところから始まります。

高いレベルの学習を求める子には限界をなくし、高められるレベルの学習を提供します。

英語学習も取り入れ方は異なりますが、一人ひとりに合わせて、満足のいくレッスンが受けられるのがベルリッツキッズの特徴の一つにはります。

ベルリッツキッズの料金システムは?

ベルリッツキッズの料金はどのようになっているのでしょう。

コースが異なると料金も変わるのか?月齢によって料金が変わらないのかチェックしておきましょう。

ベルリッツキッズ4歳から小学6年生向けに2つのコースを用意しています。

幼児期から小学校低学年、そして小学3年生から卒業までの4年間では料金が変わってもおかしくありません。

でもベルリッツキッズは4歳〜小学6年生まで、月謝は統一されています。

グループレッスン
月謝 1,3000円
人数制限 1グループ最大3名
マンツーマン
月謝 24,500円
人数制限 1レッスン1人

4歳から小学6年生までずっと月謝が変わらないのは、有り難いですね。

料金が変わるとするとグループレッスンではなくマンツーマンレッスンを受講する場合です。

講師と一対一のレッスンですし、求めるレベルをサポートします。

そこでグループレッスンと比べると月謝は高くなります。

また入学金30,000円、教材費等別途かかりますので、マンツーマンコースを利用する場合は、入学金無料キャンペーンの時期を狙うといいでしょ。

ベルリッツキッズなら少人数で学習ができる!英語学習の質を高めて英語脳を鍛えよう

ベルリッツキッズは英会話塾の中でも珍しい少人数制度を取り入れる教室です。

少人数で英語学習ができるので、お子さん一人一人の発言の機会が増えます。

講師も受講生の反応を察知しやすく、分からないことをうやむやのままに進めることをなくします。

ベルリッツキッズは少人数で英語を学ぶので英語力は着実に高まり、さらに英語に興味を持つ子が多いのが特徴。

ウチの子には無理かも…と諦めるよりも一度ぜひ、無料体験レッスンを予約して、ベルリッツキッズの楽しい英語に触れてみてはいかがでしょう。

販売会社 ベルリッツ・ジャパン株式会社
所在地URL 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル東館16階
URL https://www.berlitz.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です