産経オンライン英会話の口コミってどうなの?評判を調査してわかったことをまとめてみた

産経オンライン英会話の口コミってどうなの?評判を調査してわかったことをまとめてみた

英会話スクールではなく、自分のペースで学べるオンライン英会話にチャレンジしたいと思っている人は少なくありません。

オンライン英会話の中でも、講師陣の質の高さとレッスン内容に定評がある産経オンライン英会話が今口コミで話題になっています。

産経オンライン英会話は、産経新聞でおなじみのフジサンケイグループが提供しているスカイプを使ったオンライン英会話サービス。

産経新聞の記事が元になった英文でレッスンを受けることができるため、時事問題についての英会話やビジネス英会話に強いのもポイントです。

もちろん、中学の教科書の基礎レベルから始めたい人や日常の英会話も初級レベルからレッスンしたい人にもおすすめ。
幅広いプランで、手厚いマンツーマンレッスンを受けることができます。

そこで、これからオンライン英会話を始める人のために、産経オンライン英会話の特徴や口コミ評価、無料体験レッスンの方法から退会のやり方まで詳しく説明します。

スクール 産経オンライン英会話
無料体験レッスン あり(2回)
料金プラン ・毎日25分プラン:6,090円
・毎日50分プラン:9,981円
・週末毎日50分プラン:6,090円
最小レッスン単価 196円
授業時間の単位 25分
対応時間 5:00〜25:00
講師の国籍 フィリピン人
講師人数 400人
学習形態 ・マンツーマンレッスン
・日常英会話
・ビジネス英会話
・職業別英会話
・学校教科書準拠
・大学入試外部検定試験対策コース
・法人向けプラン
アプリ あり

産経オンライン英会話の魅力は?

  • 安心の料金設定(1回160円〜)
  • 週末集中50分コースがある
  • 産経新聞の記事を元にレッスンができる
  • 講師の採用率は1.2%!国際規格を元に講師を厳選
  • フリートーク内では見てもらえない英作文の添削もOK

産経オンライン英会話は、1回160円〜、1ヶ月6,090円から受けられるオンライン英会話教室。
国内のオンライン英会話スクールでは初めて、2種類の教育ISOを獲得しているので、信頼度が他社より高いと言えるでしょう。

忙しい人のために、週末だけの集中プランがあるのも、産経オンライン英会話だけの特徴。
レベル別・目的別に合わせたテキストが用意されているので、マイペースで無理なく続けたい人も、短期集中でガッツリ英語力をあげたい人にもおすすめ。

朝の5時から深夜1時までレッスンに対応しているので、通学・通勤前、帰宅後など自分の良いタイミングでレッスンの予約ができます。

充実したカリキュラムと英語学習のサポートも手厚く、3ヶ月でTOEIC190点アップアップの実績もあり、受講生の満足度も非常に高いオンライン英会話スクールなのです。

また、グローバル企業に就職したい人、CAを目指す人、海外の人たちとのやり取りが多い人などにもそれぞれ目的別プログラムが用意されていますので、効率よく英語を学ぶことができます。

産経オンライン英会話の口コミってどうなの?

産経オンライン英会話の特徴を見ると、経営母体の安定さや幅広いレッスン内容が魅力ですよね。

でも、もうちょっとリアルな意見も聞いてみたいと思い調べたところ、ポジテイブな口コミだけでなくはなく、ネガティブな口コミもいくつかありました。

そこで、産経オンライン英会話の有料会員たちのリアルな口コミを紹介していきますね。

産経オンライン英会話の悪い口コミ

悪い口コミ

英語を学ぼうと思って産経オンライン英会話に登録したのですが、もうちょっと月謝が安いといいなと思います。
毎月6,000円は正直厳しいです。

悪い口コミ

接客で外国の方がたくさん来るので、必要に駆られて英会話スクールを探して産経オンライン英会話に入会しました。
でも、仕事の後は眠くなってしまい、つい目覚めたら深夜2時とかでレッスンが受けられない日が続いています。
なので、ちっとも成果は出てないんです。

悪い口コミ

オプションはいらないので、会費をもっと安くしてほしい。ネイティブ講師専任ではないのはいいんですが、だったら毎月5,000円以下になってくれるといい。

悪い口コミ

毎日レッスンが受けられない人は、この月謝制だともったないと思います。かといって週末しっかり受けることができない人もいるでしょうし。
時事ニュースが学べるのが魅力なのですが、金額的に少し安くなってくれるとありがたいです。

※産経オンライン英会話の悪い口コミを書いている人たちは、毎日レッスンを受けないんだったらコスパが悪いと思っている意見が多く見られました。

ただし、これはどこのオンライン英会話でも言えることですし、オンライン英会話の中では産経オンライン英会話のコスパは良い方でしょう。

英語を学ぶ上でのモチベーションを上げるためにも、レッスンを毎日受ける習慣をつけていくように意識するだけでも続けやすくなりますよ。

産経オンライン英会話の良い口コミ

良い口コミ

デパートの接客をしているので、インバウンド対策で英会話を始めました。
産経オンライン英会話では、接客業向けのテキストが用意されていたので、それをしっかり勉強すれば一通りのやり取りは覚えられます。
あとはひたすらレッスンで発音など教えてもらい、無事に外国人のお客様ともスムーズなやり取りができています。

良い口コミ

無料体験の時点で、LとRの発音についてきちんと教えてもらったので、ここで学ぼう!と決めました。
先生たちは日本人の発音の弱さもしっかり理解しているので、自分が学びたいと思っているところをきちんと教えてくれます。

良い口コミ

産経オンライン英会話は、産経新聞のニュースを元に勉強できるということで、時事問題にうとい私にはピッタリでした。
英語の勉強と時事問題のどちらも学べるので、社会人としても役立つなと思い頑張って続けています。

良い口コミ

接客業をしているのですが、海外のお客様と上手にコミュニケーションを取れずに苦戦していて、会社の人から勧められて産経オンライン英会話に入りました。
産経オンライン英会話は、どの先生もとても優しいです。
英語の勉強は不安だったんですが、先生がすごく話を引き出してくれようとしてくれたから、英会話を学ぶことへの不安が少なくなりました。
先生って大事だなと思います。

良い口コミ

ニュース記事について英語で話すことができるというのが気に入って入会。
海外の人たちとの会話のきっかけに困らなくなりました。
発音についてもしっかり指導してもらえるし、英文の作り方も学べるし、毎日のレッスンの中でいろんなことを習得しています。

良い口コミ

英検を受ける前に発音を綺麗にしたくて産経オンライン英会話にチャレンジしました。
そしたら、英検対策全般を教えてくれたので、めちゃくちゃ助かりました。
英検前に塾に行く人も多いでしょうが、塾に行かなくても家でできたら一番いいです。
大学入試対策もできるというので、英検が終わってもしばらく続けようと思います。

良い口コミ

産経オンライン英会話を選んだきっかけは、フジサンケイグループだからという安心感です。母体が大手だからというのは大きいです。
また時事ネタについて外国の人と話せるようになるというのもすごく興味がありました。
海外の人との会話のきっかけを探している人にもピッタリだと思います。

良い口コミ

毎日の英会話レッスンは厳しいので、週末毎日レッスンがある産経オンライン英会話に入りました。
「英語をやるからには毎日しなきゃならない」と自分にプレッシャーをかけるのではなく、長く続けられるように自分のペースで進めたいという人にピッタリだと思います。

良い口コミ

英会話はほぼ初心者だったので、日本人講師に習いたいなと思っていたので、日本人講師も選べる産経オンラインにしました。いざという時日本語が通じるのは安心です。
日本人の先生といっても、発音はめちゃくちゃ綺麗だし、海外講師とほとんど変わらないです。
慣れたら海外の先生でもいいなと思ってますが、最初は不安なのでしばらく日本人講師から習うつもりです。

※産経オンライン英会話の良い口コミをまとめると次のようなことが挙げられていました。

  • 時事問題について話せる
  • 自分のペースで進められる
  • フジサンケイグループで安心
  • 日本人講師を選ぶこともできる
  • 英検対策や大学入試対策ができる

時事問題について話すことができるというのは、産経オンライン英会話ならではのメリットですね。

産経オンライン英会話のコースや料金体系は?

産経オンライン英会話は、どのプランでも入会金は無料です。
料金体系は、次のようになります。

毎日25分プラン 毎日50分プラン 週末毎日50分プラン 大学入試外部検定試験対応
月額費 6,090円(税込) 9,981円 6,090円 10,175円
1日のレッスン時間 25分(1コマ)
毎日1日1レッスン
25分×2(2コマ)
毎日1日2レッスン
25分×2(2コマ)
金土日のみ1日2レッスン
最大100分(4コマ)
毎日1日4レッスン
1ヶ月の最大レッスン数は、当月日数分人
1レッスン(25分)単価 196円(税込) 161円 218円 328円

またオプションサービスとして、受講中の人はプラスチケットを買い足すことができます。

プラス1チケット プラス15チケット プラス30チケット プラス45チケット
追加レッスン回数 1回 15回 30回 45回
価格 712円(税込) 4,379円 8,046円 11,000円
1レッスン(25分)単価 712円 292円 268円 244円

オプション:日本人コンサルタントのオーダーメイドセッション

毎⽇のレッスンを受ける中、「ちょっとわかりにくいな…」と思うこともあります。
そんな時、日本人コンサルタントに日本語で質問できてアドバイスがもらえるオーダーメイドセッションがあるんです。

産経オンライン英会話の25分プラン、毎⽇50分プラン、週末毎⽇50分プラン、⼤学⼊試外部検定試験対応プランに申し込みの人に限り、オプションとして日本人コンサルタントのオーダーメイドセッションを受けることができます。

  • 外国⼈講師とのレッスンは楽しいけど、少しわからないことがある
  • ちょっと⽇本語も交えながら英会話レッスンをしてほしい
  • 今の⾃分のレベルにあう教材を選んでほしい
  • オンライン英会話以外でやるべき勉強方法を教えてほしい

こんな悩みに、⽇本⼈コンサルタントが一人一人に合わせたアドバイスをしてくれます。

日本人コンサルタントによるオーダーメイドセッション 1コマ 25分 / 3,300円(税込)

産経オンライン英会話は領収書を発行できる?

産経オンライン英会話では、領収書の発行が可能です。

発行を希望する場合は、以下のお問い合わせページにアクセスしましょう。

https://support.learning.sankei.co.jp/hc/ja/requests/new

お問い合わせページでは、以下のことを記入します。

  • 領収書の発行したい対象期間(〇月〜〇月分)
  • 受講生本人の名前(フルネーム)、もしくは法人名、屋号の名前
  • 登録した時のメールアドレス
  • 送付先の郵便番号、住所

領収書の発送までは5営業日~2週間ほどかかるので、領収書が必要な時は早めに連絡しましょう。
またご了承ください。
領収書の宛名が受講生本人の名前ではなく、法人名、別の名前での発行が必要な場合は、その旨も記入します。

PDFデータでの領収書発行の場合は、PDF希望と記入すればOK。PDFデータは発行が郵送より早いです。

産経オンライン英会話を受けられる時間帯は?

産経オンライン英会話のレッスン対応時間は、5:00〜25:00です。

早朝から深夜まで対応しているので、通学前・通勤前や帰宅後でも自分のライフスタイルに合わせて学ぶことができます。

産経オンライン英会話は授業キャンセル料がかかる?

レッスンの予約をしていたけど、急に予定が入ってキャンセルしなきゃならないこともありまs。

産経オンライン英会話は、レッスンのキャンセルはレッスン開始の60分前までに連絡すれば、キャンセル可能です。
ただし60分前という締め切り時間をを過ぎてしまった場合は、レッスンを消化したものとなってしまうので、キャンセルの連絡は60分前までに連絡するようにしましょう。

それ以外に、キャンセルに関しては特にキャンセル料金が発生することはないのですが、締め切り時間を過ぎた場合はレッスンが消化されてしまうので気をつけて下さいね。

産経オンライン英会話はスマホやタブレットで受けることはできる?

産経オンライン英会話は、普段使っているパソコン以外からも利用することができます。

自分が利用しているスマホやタブレットでもレッスンを受けられますので、自宅だけではなく場所を選ばずに英会話を学ぶことができます。

産経オンライン英会話は、スカイプを使ったオンライン英会話スクールなので、スマホやタブレットにスカイプをダウンロードすることになります。

  • iPhoneの場合【Skype for iPhone】をダウンロード
  • Androidの場合【Skype for Android】をダウンロード

自分の使いたい端末にカメラやマイクがついていない場合は、ヘッドセットをセッティングしてくださいね。

産経オンライン英会話の講師レベルは?

産経オンライン英会話の講師は、フィリピン人講師が担当しています。
フィリピンは、英語公用語世界第3位であり、北米の英語ととてもよく似ています。
フィリピンのテレビなどでは普通にハイレベルな英語が使われています。
そのため、オンライン英会話はフィリピン人が担当していることが多いのです。

中でも産経オンライン英会話の講師は、厳しい5段階の選考基準をクリアした講師のみを採用しているので、とてもハイレベルな人が多いです。

無料体験レッスンを受けて、産経オンライン英会話の講師の講師レベルを確かめてみましょう。

産経オンライン英会話の人気講師はどんな人?

産経オンライン英会話では、性別や日本語レベル、年齢などの条件を指定して講師を検索することができます。

でも、できればレッスンを人気講師から受けてみたいと思いますよね。

そこで、産経オンライン英会話の人気講師を紹介します。

Genelyn S. Baul(ジェネリン) 先生

「楽しく勉強できました!明るくはっきりした発音で聞き取りやすかったです」「先生の優しさに感謝しています」「とても話しやすくフレンドリーだった」と、オンライン英会話が初めての受講生にも人気のGenelyn講師です。

Myda Valenzuela(マイダ) 先生

産経オンライン英会話の人気講師であるマイダ先生は、日本人はじめ、アフリカ、ヨーロッパの生徒さんなどに英語を教えた経験があるため、発音指導などが得意です。
マイダ先生のフリートークレッスンはとても楽しいので、初心者の方も不安なくレッスンに入れますよ。

Jeftee T. Agravante(ジェフティー) 先生

産経オンライン英会話の人気講師のジェフティー先生は、オフライン英会話で講師の経験があるため、資格試験の対策も手厚くしてくれます。

いつもニコニコしていて温厚な人なので、レッスン時間が楽しく過ごせます。

Minerva Cao(ミネルヴァ) 先生

ミネルヴァ先生は日本での就業経験もあり、日本語能力試験(JLPT)でN4ホルダーを持っているため、日本語での日常会話も可能な先生です。
現在もN3合格のために勉強している努力家です。

英会話だけでは不安という人には、最適の先生ですよ。

Caren Cariaga(ワウィー) 先生

ワウィー先生は産経オンライン英会話でもかなり人気の先生。
常に生徒のことを考えてくれて、気持ちも読み取ってくれるので、英語学習だけでなくコミュニケーションが不安な人にもおすすめです。
文法の間違いなども辛抱強く修正してくれますし、会話をすると優しく丁寧な人柄がにじみ出ています。

産経オンライン英会話の無料体験レッスンの流れは?

産経オンライン英会話を受講する前に、まずは無料体験レッスンを受けてみましょう。

無料体験レッスンをする時は、無料の会員登録をする必要があります。
パソコン、スマホ、タブレットで無料体験を受けることができます。

無料会員登録をすると2回の無料体験レッスンが受けられるので、どんな風にレッスンが進むのかという流れを把握できます。

無料体験レッスンの受講までは、以下のようなステップになります。

  1. 受講するためのパソコンやスマホ、タブレットにスカイプ(Skype)のアプリをインストールしておく
  2. 産経オンライン英会話の公式サイトへアクセスして【無料体験はこちら】をクリック
  3. 氏名、ニックネーム、メールアドレス、パスワードなどの個人情報を入力
  4. 内容を確認したあと送信。これで無料会員への登録は完了
  5. 講師のプロフィールを見て、受けたい講師を選ぶ(趣味や得意分野などを参考に)
  6. 時間帯を決めて【予約する】をクリックする
  7. 授業開始の5分前までにスカイプを立ち上げる
  8. 連絡先を追加して下さいというリクエストが届いたら追加する
  9. レッスンがスタート
  10. レッスンが終わると担当講師からレポートやメッセージが届く

無料体験が終わり、引き続き産経オンライン英会話で学び続けたいなと思った場合は、正規会員の登録をするようになります。

産経オンライン英会話のレベルチェックはある?

産経オンライン英会話では、英会話のレベルチェックをするためのツールが用意されています。

GCATテスト

産経オンライン英会話を受講すると、英会話レッスンの到達度や英語コミュニケーションに関するレベルを確認するための認証テスト(GCAT)があります。

GCATは追加料金などは不要で、普段のオンライン英会話レッスンと同じように受験することができます。
受験資格は次の通りです。

  • 受験日に、産経オンライン英会話のコースを受講している人
  • 受験日の時点でレッスンの50%以上をオンライン英会話にて履修している人
  • 受験するレベルより1つ下のレベルの認証テスト(GCAT)に合格している人

例)産経オンライン英会話の日常英会話初中級を受講している場合、GCATは日常英会話初中級であるLevel 1から受験することができます。
受験いただくことができます。Level 1に合格しないとLevel 2を受験することはできません。

AIによる発音チェック

日本人の英語学習では、常に課題になるのが発音です。

自分が発音できない音は聞き取れないと言われるほど、発音は英会話学習においてはキーポイントになります。
もちろんレッスンでも発音についてのトレーニングはありますが、レッスン以外でも発音について自力で学習したいところです。

産経オンライン英会話では、AI先進国である中国にて多く導入されているAispeakを導入してサードやフレーズなどの発音をAI判定することができるのです。
Aispeakは、中国では1,000社以上の企業で、1.3億人ユーザーが使っているAI技術のCHIVOX(チボックスがメジャーなのですが、このCHIVOXを実装した自習教材がAispeakなのです。

産経オンライン英会話のおすすめプラン

産経オンライン英会話を受講しようとする人は、もちろん初心者の方もいるでしょうが、多くの人がビジネス英会話を狙っているのではないでしょうか。

そこで、産経オンライン英会話のおすすめプランについて説明していきます。

ビジネス英会話

仕事で英会話が必要になる人におすすめなのが、ビジネス英会話です。

ビジネスの基本となる挨拶や自己紹介などや、会議や打ち合わせなどまで実践的なビジネス英会話が学べるコースになりますが、仕事で使えるレベルになるまでが目標です。

産経オンラインの中でも一番受講生が多いのも、ビジネス英会話コース。
どの講師も実践現場を想定してレッスンしてくれるので、英語学習がはかどりますよ。

職業別英会話

ビジネス英会話コースよりも、より専門的な用語が出てくるのが職業別英会話です。

職業別英会話の中でもより特化しているのが、鉄道・タクシー・小売店・レストラン・郵便局の5つの教材が用意されており、専門的な職業に特化しています。
もちろん、上記の職業ではない人にもおすすめのビジネス英語がたくさんあります。

職業別英会話も、実際の場面を想定したロールプレイング形式で会話の練習ができますので、その場で使う会話や表現をシミュレーションしながら会話練習をすることができます。
3つ目はTOEICです。

TOEIC対策

産経オンライン英会話では、教材が有料になるのですが、TOEIC対策について学ぶこともできます。企業によってはTOEICの結果を重視するところも多く、TOEIC対策のために産経オンライン英会話に入会する人も増加傾向にあります。

TOEIC対策やビジネス英語に特化した英語を学びたい人にって、産経オンライン英会話はとてもおすすめです。

産経オンライン英会話の支払い方法は?

産経オンライン英会話の支払い方法は、クレジットカード、PayPal、銀行振込での支払いが可能です。
チケットプランの場合は、その都度支払いになります。

クレジットカード決済

クレジットカードはVISA、Master、JCB、AmericanExpress、ダイナースが対応可能です。
クレジットカードでの決済は、支払いすぐに利用することができます。

PayPal決済

PayPalでの決済は、有料会員登録してから1ヶ月ごとに支払いとなります。
休会や退会をしない限りは、定期的に引き落としになります。

銀行振込

入金確認に時間が必要なため、振込から利用開始まで2営業日かかります。
銀行振込の場合は、有料会員登録から3ヶ月ごとの前払いで振込するようになります。継続利用の場合も、自動引き落としにはならないので、再度振込するようになります。

産経オンライン英会話の退会方法は?

産経オンライン英会話の退会方法は、公式ページの退会申請ページから行います。

https://learning.sankei.co.jp/member/withdraw/form

上記ページから退会処理が終わると、これまでの学習に関しての情報は全て削除され、マイページへのログインもできなくなります。

・有料プランを受講していない場合
退会申請後すぐに退会になります。

・有料プランで受講中の場合
次回決済日の5日前までに退会手続きをした場合、その利用月の終了で退会になります。
それ以降に退会手続きした場合、翌々利用月の終了時に退会になります。
どちらも、満了日までは利用することができます。

産経オンライン英会話の会社情報

サービス名 産経オンライン英会話
事業者名 産経ヒューマンラーニング株式会社
代表取締役社長 田中雄介
会社所在地 東京都新宿区西新宿7丁目5-25
事業内容 オンライン外国語会話サービスの提供
外国語会話スクール事業

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です