家庭教師アルバイトやってみたい!でも、家庭教師の研修って難しそう。
こんな風な不安を感じていませんか?確かに教師と名前がついていますから、そう思うのも当然だと思います。

研修のイメージは、大学生の教育実習のようなものと思われる方もいらっしゃいますが、実際にはかなり違います。
そこで今回は、実際に家庭教師センターで研修を行っている教務課の方にリアルな内容をお聞きしました。

家庭教師センターで行う研修の内容

ほとんどの方は家庭教師センターに教師として登録することでしょう。現地(会社で行う場合)であれば登録会に参加することになります。
その登録会が研修とほぼ同じ意味で行われている会社も多くあります。

まずは面接を行う

だいたいの家庭教師の会社では、面接と研修を兼ねて行う企業が多いです。
面接では、主にプロフィールの作成やヒアリング、会社によっては簡単なテストを行うところもあります。ここで重要なのはヒアリング項目です。
ここでは、コミュニケーション能力を図られたり、色んなことを聞かれます。他にも留学や下宿、就職活動や大学院進学についてもお話します。長期的な目線での採用を望んでいる企業にとっては、一番ネックな部分になるのでそれによって落とされる場合もあります。
ですので結局は家庭教師をするお客様のニーズに合わせた講師を望んでいますので、そこにどれだけ合せれるかが重要です。

ただ、採用方法として短期で臨時案件の紹介などもありますので短期は絶対に不可というわけではないので、まずは面接からでも受けることが大事です。

案件内容の確認・紹介

まず、研修では案件内容の確認がおこなわれます。
指導先の生徒の学年や指導教科、時給、目標に向けての対策、保護者、兄弟の有無、指導場所。その他にも確認される内容はありますが、大事な部分でいうと今記載した内容がほとんどです。
特に場所や時給についてはしっかりと聞いて確認した方良いです。平均して家庭教師では片道30分ぐらいの案件が多いのでこの基準で見てもらえたらと思います。
時給も相場は未経験からで1200円ぐらいから経験者で2500円ぐらいだと思われます。それに加えて、週の指導回数や時間が伝えられます。だいたい一件に対して、週1、2回の90分の授業が多いです。

家庭教師アルバイトの注意点

案件についてだいたい説明が終わった状態で、指導や家庭教師のアルバイトを行う上での注意点など専門的な研修がおこなわれます。
イメージでは指導方法や教科によってのポイントなどを中心におこなっていくと思われがちです(もちろんその内容もおこないます)が、まずはアルバイトとしてのマナーや注意点を理解するための説明から始まります。

主にご家庭さんに対しての言葉づかい報告書などの日報の作成方法。生徒に対する宿題の出し方などの説明がだいたいの会社で行います。あとは、日程の調整に対しての注意点や保護者とのやり取りの中での注意点など様々です。

指導のポイントを教わる

指導にあたって良い家庭教師になるためのポイント・コツをレクチャーされます。良いというのは単純に知識量だけでは補えないので、指導の中身ももちろんですがコミュニケーションや講師として振舞い方なども教えてもらえます。
中には指導のレクチャーもしてくれない会社もあるみたいなので注意しましょう。あとは、実際のところは指導に行って経験しないと学べないことのほうが多いので、最低限のポイントだけ掴むのがおススメです。
受験のことや、入試制度、保護者との関わり方、子供にしてはいけない教え方、が私は最低限学ぶのに必要だと感じています。

教科ごとのポイントも教わる

教科によっても教え方のポイントがあり、国語は文法・漢字・読解・古典。数学は幾何学・代数。英語は文法・単語。理科は化学・生物・物理・地学。社会は歴史・地理・公民。担当する生徒に合わせてこの中からレクチャーされます。
主に、その担当の生徒のメインで教える担当教科のその子の学年の内容を振り返るといった形です。あとは、高校生になると科目が増えるので上記よりもより多くなります。

以上が私が研修を行った内容になります。集団研修や個別研修など、会社によっては様々ですが基本は一日で完了するところが多いみたいです。
それに加えて、研修内容も時間の兼ね合いもあり具体的とはいえないものになります。

ただ、最低限のところまではしっかり教えてくれる会社の方が多いみたいなので、上記を踏まえたうえで会社選びをすることをおススメします。