家庭教師をしたいと思っても、自分は本当に採用されるのだろうか、できればその採用基準を事前に知りたい。そう考えている方も多いかもしれません。
私も家庭教師を行う前はそのように思っていました。

では家庭教師派遣会社(センター)によって、どんな採用基準があるのでしょうか?

結論から言うと、あなたが大学以上の学歴を持って入れば良いということです。
何だ。そんな簡単なことかと思われるかもしれません。しかしそれに加えて細かな採用基準が実はあるのです。

では今回は、家庭教師の採用基準とその採用方法について、一緒に考えてみましょう。

家庭教師バイトの採用基準

saiyoukijun12
採用基準には大学生以上の学力が必要です。ではそれをどのように判断しているのでしょうか。

いい学歴は絶対必要なの?

まず一つ目の基準としてあなたの学歴のチェックです。

簡単にいうとあなたが在籍している大学や出身大学がどこかということです。国立大学?有名私立大学?大学のレベルが一つの判断基準になるのです。

但し、学歴に関していいか悪いかというような判断は下しません。確かに学歴を重視するご家庭さんは多数いらっしゃいます。志望校として有名ですので、目指している生徒さんも多いです。
そういったお客さんをメインに取り扱う家庭教師会社(医学部専門の家庭教師をメインに取り扱う会社や、東大京大生など高学歴家庭教師を謳う会社など)の場合は、学歴は非常に重要なステータスとなりますが、レアケースです。

ほとんどの企業は大学在籍中、または卒業していれば採用基準を満たしているといっていいと思います。

家庭教師に必要なもの

受験生や志望校が明確(必要な学力も明確)といったケースを除くと、生徒の大多数は「勉強のしかた・やり方」を教えてほしい。といった内容となります。

生徒の中でも特に多いのが中学生です。次いで小学生が多い地域がほとんどです。ですので、低年齢層への指導に必要な粘り強く、根気があり、子どもと楽しく指導を行う事が出来る。といった事が重要視されます。

このような内容は、聞かれなくても予め相手(企業)へ伝えておく必要があります。家庭教師のバイトへの応募・登録時に「自己PR欄」という項目が設けられていますので、ここであなたのアピールをしっかりしておきましょう。
自己PR欄の重要性についてまとめている記事がありますので、ぜひ読んでみてください。

今すぐ働きたい!家庭教師アルバイトで即勤務可能にする方法

その他にももちろん家庭教師としてのパーソナリティー、つまり人格はどうかという点も見られます。
会社によっては簡単な面接を行う所もありますし、適性検査を通して判断する会社もあります。

面接時のチェック項目

基本的には、きちんとした身なりをしているか、または一般的な受け答えができるかどうかというありふれた内容がほとんどです。

面接と言っても、志望動機や家庭教師を行うにあたっての抱負など、当たり前のことしか聞かれませんので、十分リラックスして臨むようにしたいですね。

家庭教師バイトの採用方法

最初にインターネットや電話を通して、あなたの簡単な経歴、学歴を伝えます。その際に、在学証明書などの提出を求められることもあります。

しかし大学の名前だけでは、大学生以上の学力があることにはなりません。もちろん大学入学以降も、それをキープしていなくてはならないからです。

ではどのように、学力の判断をしているのでしょうか。
それは、簡単なテストをすることによってです。

会社によって違いますが、たいていは英語・数学のテストが実施されます。しかしこれは、中学生程度の問題がほとんどです。
大学生のあなたたちであれば、簡単に解ける問題ですので、落ち着いて解くようにしましょう。そしてそのテストに合格すれば、晴れて家庭教師になるとができます。

今回考えたように、家庭教師になるためにはクリアしなくてはいけない採用基準とその採用方法があります。
しかしそれは難しいものではありません。大学生であれば大抵できるものです。

ぜひ、みなさんも参考にしてみて下さいね。

家庭教師バイトを始める前に読みたい記事

家庭教師のアルバイトの良さや仕事内容など、事前に押さえておきたい方にはこちらの記事がおすすめです。
ぜひ読んでみてください。

家庭教師の仕事って儲かるの?家庭教師の相場を見る。


家庭教師バイトの時給はどのくらい?計算基準と給料の支払い方法について


家庭教師アルバイトが未経験でも高時給な理由と始め方について


家庭教師バイトの始め方・見つけ方~会社の選び方と登録から初指導までの流れ


家庭教師バイトの気になる評判をよくある質問形式で解説