大学生活を楽しみながら、アルバイトをすると充実した大学生活を送れます。
しかしせっかく働くなら、体力をあまり使わずに稼げるアルバイトをしたいですよね。

それに加えて、自分の将来に役立つことができれば、言うことはありません。
家庭教師のアルバイトはそんな理想を叶えてくれるアルバイトの一つです。

今回は家庭教師バイト経験者の「やっててよかった」お話しをさせて頂きます。

座って教えるだけ。

家庭教師の一つ目のメリットは、何でしょうか。それは座って教えるだけということです。

考えてみて下さい。他のアルバイトの状況はどんなものでしょうか。サービス業ではアルバイトの時間、ずーっと立ちっぱなしということもあります。もちろんお客さんに上手く応対しなくてはなりません。

それに比べて、家庭教師はもちろん、生徒に対して勉強を教えます。それもかなり快適な環境の中で。夏は涼しい部屋で、勉強を教えます。また冬は暖かい部屋で。しかも座ったまま、楽に仕事ができるのです。

こういった仕事は、他にはなかなかないと思いませんか。

給料の面についても考えてみましょう。
家庭教師は1200円~3000円台まで幅は広いですが、かなりいいです。短い時間で稼ぐことができるのです。
時給相場が気になる方はこちらの記事で解説していますので、読んでみてください。

家庭教師の仕事って儲かるの?家庭教師の相場を見る。


家庭教師バイトの時給はどのくらい?計算基準と給料の支払い方法について

ですが家庭教師というお仕事は誰でもできるわけではありません。あなたがこれまでに得てきた知識を子供に教える。言わば教師と同じスキルとでも言っていいでしょう。

そんな限られた人のみができる家庭教師。社会にでてからも役に立つスキルをたくさん身につけることができるので、とてもオススメです。
就職活動を控えている方にはぴったりの記事がありますので、ぜひ読んでみてください。

家庭教師のバイトで身につけたコミュニケーション能力を就活の自己PRに入れ込もう

親からの待遇。

oyakarano-taiguu
では親御さんからの待遇についても考えてみましょう。

これは各家庭によって違います。しかし大抵の親御さんは、あなたたち教師に対してかなり敬意を持ってくれます。
自分の子供の成績を上げたいと思っているからです。

そのため、どの親御さんもかなり快適な環境で授業を行わせてくれます。エアコンの聞いた部屋で、集中して授業を行うことができたり、授業中には大抵お茶やお菓子を差し入れしてくれたりもします。

もちろん家庭教師派遣会社の約束の欄には、教師にお茶やお菓子を出さなくても大丈夫です。と書いてあります。それでも、大抵はそれらを出してくれます。

また駅から生徒の家まで遠い場合、送迎をして下さる保護者さんもいます。特に、夏や冬はありがたいですね。外で、バスを待たなくても良いですからね。

車の中で、保護者さんや生徒との会話を楽しむこともできます。

それに加えて、見事に生徒が志望校に受かった時には保護者さんがお礼の気持ちとして、商品券や現金などを下さる場合があるのです。

そういったことをしていただけることは大変ありがたいことですが、それよりも生徒と一緒に目標を達成できたという喜び、一人の人間としての人間関係の形成、また保護者の方からの感謝の気持ちと本当に多くのものを得られるという多くのメリットもあるのです。

全て自分の考え次第

多くのメリットがあると言っても、それを活かすも殺すもあなた自身です。
そして家庭教師には、今のメリット以上に将来のためのメリットがあると言えます。ではそれはどのような点でしょうか。

家庭教師という仕事を通して、人とどのようにコミュニケーションを取れば良いかが分かるようになります。なんだ。そんな事か、と思いますか。

しかしこれは社会に出る上で、とても大切な能力なのです。社会人になると、多くの人と出会います。そしてその人たちと、友好的に接しなくてはなりません。

もしある年代の人やグループの人とだけ付き合っていると、コミュニケーション能力は伸びないかもしれません。家庭教師はいろんな家庭に行く機会があります。その中で、いろんな保護者や生徒と出会うことでしょう。そして一人一人に合わせて、教え方を変える必要もあります。

ただ、普通に大学生活を送っているだけではできない経験です。仕事を通して、必要な礼儀作法やマナー、常識なども身に着くことでしょう。
それらを経験することができる、家庭教師は良いアルバイトだと思われませんか。

しかしコミュニケーション力などを身に着けるためには、あなたも努力しなくてはなりません。全てが上手くいくことはないでしょう。失敗を通して学ぶことも必要です。

しかし、その経験の一つ一つは必ず成長につながります。家庭教師という仕事を通して成長できるかは、あなた自身なのです。
ぜひあなたも、家庭教師というやり甲斐がある仕事にチャレンジしてみて下さいね。