家庭教師アルバイトの給料について気になる方は多いでしょう。
家庭教師って本当に儲かるの?と疑問に思う方もおられるでしょう。

そこで今回は、家庭教師の給料の相場や月にどれぐらい稼ぐことができるかを一緒に考えてみましょう。

家庭教師の給料平均相場

家庭教師の給料と言っても、所属している家庭教師派遣会社やあなた自身の経験によっても違ってきます。またあなたがどの大学出身かによっても違ってくることがあります。

家庭教師派遣会社によって大きく異なる

所属する家庭教師派遣会社によって給料は違いますが、基本的に、1200円~3600円が1時間あたりの給料です。

これは一般的な家庭教師派遣会社の場合、今までの教師自身の経験(何人の生徒を指導したか、どんな合格実績があるか、中学受験の体験はあるかなど)によって左右されます。
ですから、もし最初の給料が1時間あたり2000円前後であれば、かなり良い待遇だと言えるでしょう。

一般的なと記載したのには訳がありまして、○○に特化した家庭教師派遣会社というものも存在します。
例えば「医学部」専門家庭教師会社といった具合に、先生の基準を設けていたり(生徒さんも医学部・難関大志望に特化しています)、プロ家庭教師専門など、アルバイトではなくプロの職業として募集をかけている企業もあります。
こういった場合、通常の給与から大きく離れた金額になることも珍しくありません。

また、大手の派遣会社の場合、かなりシビアに経験を見られるので、最初は1200円スタートということも多いです。
(トライなど超大手会社の場合、生徒数も膨大な為、中々高時給の案件にマッチし辛いという事も考えれます)

給与がどういった条件によって上昇するのかをまとめた記事がございますので、詳しく知りたいという方はこちらをご覧下さい。

家庭教師バイトの時給はどのくらい?計算基準と給料の支払い方法について

個人契約の家庭教師の給与平均相場

対して個人契約の場合は、報酬を教師とご家庭の間で設定することができます。その間の仲介業者がない分、報酬も高くなるでしょう。

しかし提案する時は家庭教師の平均として、2000円前後を提案するほうが良いでしょう。評判が後々上がってくれば、他のご家庭でさらに良い報酬になるでしょう。

在籍・出身大学によっての違い

必ずしも偏差値が高い・難関大として有名であれば高い。というわけではありませんがかなり違ってきます。
例えば東大、京大などの国立大学出身であれば、最初の給料が2500円スタートということもあります。有名私立大学や他の国立大学ではそれよりも少し低いくらいでしょう。

しかしそれはあくまでも最初のスタート給料ですので、家庭教師としての経験を積めば、徐々に給料が上がってくるでしょう。

教える学年別

実は指導する生徒の学年によっても給料に違いがあります。

基本的には生徒の年齢が高くなれば、給料も高くなっていきます。ではそれぞれ学年別のおおまかな給料の違いについて見ていきましょう。

指導する生徒が高校生の場合

高校生のほとんどは学校の定期テストに加えて、大学や専門学校の受験勉強もしなくてはなりません。
そのため、かなり高度な指導が必要になってくるため、給料は若干高めに設定されています。

特に高校3年生に対する給料は1時間あたり2000円前後になることが多いです。

指導する生徒が中学生の場合

生徒の中でも一番教える機会が多いのが中学生です。このため、一般的な給与の基準を解説されているのは中学生が対象の場合が多いです。

中学生の中でも高校生と同様に受験を控えた3年生に対しての給料は1時間あたり1800円前後と高くなる傾向があります。
受験の問題も一部難しい問題もあるため、教える際は予習することも必要になってきます。

小学生

基本的な指導ということよりも、ご家庭としてもまず勉強の楽しさを教えてほしいという要望が多いため、
小学生への指導は1400円前後が多いです。

しかし時には中学受験の生徒を指導することもあります。かなりの難関私立中学を受験する生徒もいますので、その場合給料もかなり高くなります。
平均で2500円前後、高い時には3000円前後が1時間あたりの給料になることもあります。

月にどれぐらい稼げるか?

tsukini-doreguraikasegeruno

今まで家庭教師の1時間あたりの給料について考えてきました。ではあなたは、月にどれぐらい給料を稼ぐことができるのでしょうか?

1時間当たり1600円からスタート、一回の授業時間を90分で週に4日、中学生の生徒を指導するとします。

そうすると

2400円/1授業×4日=9600円/1週間

月にすると
9600円×4週=38400円/1ヵ月

これに実費として、交通費が加わります。

しかも家庭教師は複数の生徒を掛け持ちすることができるのです。

一週間に9人の生徒を受け持っていたという方の給与は月に20万円ほどだったそうです。
ちなみに1時間あたりの給料は3000円前後でした。

月の給料を上げるための方法

通常のバイトと同様に、一時間当たりの給料をアップしてもらう他、一日2つの授業にしてみる、複数の曜日に生徒を受け持つ。といった方法で給料を上げることが出来ます。

そんなこと簡単にできるの?と思うかもしれませんが、できます。

家庭教師派遣会社のスタッフに、なるべく距離の近い二件のご家庭を紹介してもらことで、
18:00-19:30に一回目の授業。
20:00-21:30まで二回目の授業という感じで対応が可能になります。
スタッフの方も、生徒に対してなるべく早く教師を紹介したいと思っています。そのためかなり協力的な方が多いです。

このように一週間の授業数を増やせば、無理せずに先ほどの倍の76800円を稼ぐこともでき、家庭教師の経験も積むことが出来ますので、一時間当たりの給与も上昇が望めます。

ハロティくん(大)

前項で話した通り、自分が所属している大学や教える生徒の学年によっても相場は変わりますし、色んな企業によっても待遇のあり方や料金は変わってくるので選ぶ企業によってももちろん変わります。
なので会社選びによっても稼げるかの基準も変わってきます。
そのための対策としては色んな比較できるサイトから情報を収集したり、その会社に登録して直接聞くことがカギになると思います。
あなたのマネープランによって、働き方は左右されるのでどの程度の枠での給料が欲しいかをしっかり考えることが大事です。
その中でやりがいも見出した上での家庭教師のアルバイトをおススメします。

家庭教師の仕事内容に関する記事

この他にも家庭教師のアルバイトについてまとめている記事があります。
是非そちらもご覧ください。

家庭教師アルバイトが未経験でも高時給な理由と始め方について


家庭教師バイトで個人契約をするときはどうすればいいの?仕組み・開始方法・トラブルについて


家庭教師バイトの気になる評判をよくある質問形式で解説


家庭教師バイトの始め方・見つけ方~会社の選び方と登録から初指導までの流れ


家庭教師バイトの時給はどのくらい?計算基準と給料の支払い方法について