家庭教師のアルバイトを始めてみたいけど、出来る事なら早く開始したい。
一般のアルバイトと違い、応募・面接後採用されるという訳ではなく、生徒の紹介があって初めて働くことができますので、実際は登録から勤務まで空白の期間があります。
通常であれば求人サイトで「即勤務可能」や「急募」といったキーワードで検索することで、すぐに働き出すことが出来ますが、、、

今回はその家庭教師バイトで可能な限り早く働く方法をご案内させていただきます。

すぐに働く為の家庭教師登録方法

kaishani-touroku
教師として登録する時点で、すぐに働けるかどうかが決まります。まずは家庭教師派遣会社(センター)に登録する時の注意点です。

登録できる対象者は小・中学生レベルの問題が解ける程度の学力がある方です。フリーターの方や専業にしたい方でも十分に活躍することが出来ます。
特に大学生の方はこちらの記事で紹介させていただいていますので、ぜひ読んでみてください。

現役大学生が注目する家庭教師アルバイトの疑問・口コミ・注意点

自己PR欄が非常に重要

家庭教師派遣会社のサイトにある教師登録のページには登録フォームがあり、その内容はあなたの在籍大学、年齢、性別、名前、最寄り駅、得意教科、指導可能科目などと、自己PR欄です。

どの会社の登録フォームにも必ずと言っていいほど自分をアピールする場が用意されています。何を書こうか迷ってしまいますが、出来るだけ具体的に記入することをお勧めします。

自己PR欄に記入する具体例

  1. 今までの家庭教師や塾といった同業種での業務経験
  2. これがあると強みになりますので、どういった生徒をどのような期間(受験などを含むか)どういった内容を教えていたといった事を記入するといいです。

  3. 得意不得意の教科や、教えることが可能な範囲(学年や受験対策)や、稼働できる曜日・時間、連絡が可能な時間や曜日などを細かく
  4. 大学の授業や、日々の予定などが決まっていれば、しっかりと働ける日を記入しましょう。マッチングで一番ネックになるのはこの曜日と時間です。

  5. 活動できる範囲は広めに
  6. 自宅と学校の通学ルート(途中の駅含む)の周辺のみという希望は限りなく辞めておきましょう。生徒宅は駅から徒歩15分といったところや、バスでしか行けない場所もあります。移動時間が原因で仕事を紹介してもらえないことは非常にもったいないです。

  7. 心構えや、目的・熱意
  8. 会社によっては一番重視することがあります。同業種での経験がない場合は、こういったとことをしっかりとアピールすることで早く仕事を行うことが可能になります。

なるべく細かくアピールすることで、面接や登録会の時にスムーズにいき、会話のネタにもなります。
もちろん一番重要な生徒とのマッチングも詳細に伝えるほど高まります。

会社への電話応募はNG

家庭教師派遣会社へ直接電話で応募することも可能ですが、登録フォームと異なり文章が残らない為、質問に答える事が多い傾向になります。会社としても応募者の詳細な情報を残しておきたいので、できればフォームから応募することが望ましいです。

これらの応募が終われば、会社への研修に招かれます。この研修にて簡単なテストと面接を終えて家庭教師となることができます。

研修のすぐ後に仕事がもらえることも

案件の紹介より先に研修を行う企業も存在しますが、その時もチャンスです。

今先生を必要としている案件のエリアを聞いてみたり、先生が足りているかといった事を聞いてみることで、やる気をアピールするのもありです。多少あなたのプロフィールと離れている案件でも紹介してくれることがあります。

※家庭教師の研修とは指導以外の事務作業についての説明や、簡単なテストを行うことです。詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

家庭教師のアルバイトでよく耳にする「研修」って何?面接とは違うの?必要なの?

登録する時期も重要

7月から8月の中旬辺りは新学期が始まる前の追い込み(長期休暇中はねらい目!)や、夏期講習などの対策も多いため、生徒さんが増える傾向があります。
また、4月は新入生が入ってきますので、こちらも生徒さんが増加します。
受験シーズン(学年によってまちまちですが年末~年明け)も受験対策の応募が殺到する傾向があります。

企業はこういった繁忙期を乗り切る為にも、なるべく早く担当教師を決めたいと思っています。
登録タイミングがいい方はぜひその機会を逃さずに、生徒を担当してみて下さい。

案件紹介の時に社員と仲良くなっておくことも大切

なぜならその社員からの信頼を得るためです。「この人は教師として安心できる。」と信頼されれば、さらに良い条件で違う生徒が紹介されるきっかけにもなるからです。

実際に一週間に10人もの生徒を担当していた家庭教師の方もいらっしゃいます。社員と親しくなっていたので、あちらから電話やメールなどで仕事依頼が来ることもたくさんあったからです。

ですからぜひこの機会をチャンスととらえて、努力してみて下さい。

個人契約は大学の掲示板で情報収集

個人で家庭教師を行うという場合は自分自身での営業や、コネといった繋がりなどが必要になる為すぐに生徒を持つことはできません。

方法としては大学の掲示板で、家庭教師アルバイトの情報を収集するということができます。

「えっ、掲示板にそんな情報が書いてあるの?」と驚くかもしれませんが、実際に書いてあります。

あなたの在籍大学にもよりますが、掲示板に情報を発表するパターン教務課などに相談するパターンがあります。

いずれにしても、大学が募集している家庭教師ですから、信頼できるものです。

募集条件があなたの希望と合致していれば、そちらに応募してみてはいかがでしょうか。

個人契約に関しての注意や会社でのアルバイトの違いについてはこちらの記事が参考になりますので、今日日がある方は一度読んで見てください。

家庭教師バイトで個人契約をするときはどうすればいいの?仕組み・開始方法・トラブルについて

また、会社とのアルバイトと個人契約での収入の違いについてもこちらでまとめていますので、参考にしてみてください。

家庭教師バイトの時給はどのくらい?計算基準と給料の支払い方法について

簡単にできる最短で働く為の方法

家庭教師は生徒の応募があって始めて、仕事が発生します。そのため登録フォームの内容や熱意だけでは仕事のスタートが遅くなるのでは?という不安もあることでしょう。

そこで、最短で家庭教師として働くための方法をあなたにお伝えします。

とても効果的な方法として、いろんな家庭教師派遣会社に家庭教師として登録する。ということです。

複数の会社に登録することで、仕事があなたに紹介される可能性が上がります。

例えばA社の登録生徒数が1万人、B社が3万人だとします。

二つの会社に登録すれば、4万人の生徒の中から、あなたの条件に合致する生徒紹介される可能性が出てくるのです。

もちろん全ての生徒があなたの条件(希望勤務地や希望時給)に合うわけではありません。しかし、このように選択肢を増やしておくことは、仕事を最短で始めることに繋がります。

そうは言っても、複数の家庭教師派遣会社に登録するのは面倒です。同じ内容を何回も入力しなくてはいけないからです。

そんな時は、一括での登録をお勧めします。例えばこの「ハローティ―チャー」のサイトに登録してみて下さい。

登録は1回で済み、あなたが応募したい会社にだけ登録情報が届き連絡が来ます。忙しいあなたにピッタリだと思いませんか。

登録の後にやるべきこと

また最短で働くためには、登録だけすれば良いというものではありません。その後の行動も大切なのです。

登録を終えてから、会社から研修に招かれたとします。行く前にその会社のサイトに行き、教師を募集している生徒情報(学年や給料、最寄り駅など)をチェックしておくのです。

サイトで情報がなければ、会社に電話して聞いてみることもできます。親切に教えてくれることでしょう。

もしあなたが担当したい生徒がいれば、電話やメールで良いので「この生徒を担当したい」と会社に伝えておきましょう。

そうすれば、会社も事前に生徒情報を準備しておくことができますし、研修が終わったすぐ後に仕事が決まることもあります。

このように事前に準備しておけば、すぐに家庭教師の仕事を始めることができるのです。

それでもどうしてもお仕事が始めれない。という方へ登録後の重要項目を別記事にて用意しております。

家庭教師の仕事紹介が来ない人はこの方法を試してみよう

誰でも簡単にできる家庭教師

これらの情報を読んで、あなたはどう感じましたか?

「よし今すぐに家庭教師を始めよう。」と思いましたか。または「自分には家庭教師は難しそうだな。」と感じたでしょうか。

安心して下さい。家庭教師は未経験でも、始めることができる仕事なのです。

大学受験を経験していればその時点で、家庭教師の条件をクリアしているからです。大学生になるために、きっとあなたはたくさんの勉強をしてきたことでしょう。その努力を経て、大学に合格することができました。

その時点で、人に教える基本となる経験が備わっています。あとはその経験を実際に家庭教師として活かしていけば良いのです。

私も家庭教師を始めた時は、大学に入学したばかりで、人に教えた経験もありませんでした。そのために最初の授業は緊張しましたが、すぐに慣れていきました。

あなたがもし今不安を抱えているとしても、すぐにあなたも家庭教師という仕事に慣れていくことでしょう。

今回考えたように、大切なのは家庭教師の始め方についてよく理解しておくことです。

あなたが家庭教師として未経験であったとしても、あなたが希望する条件の生徒がいれば、すぐにでも仕事を始めることができます。

早ければ今からすぐにでも、家庭教師として登録することもできます。ぜひ参考にしてみて下さいね。